• 背景色 
  • 文字サイズ 
島根県農業試験場研究報告第35号(2004年3月) p21-32

溶媒抽出法による県内水田土壌の地力窒素の評価


道上伸宏


摘要

 県内の水田土壌を対象に,溶媒抽出法による地力窒素の簡易評価法について検討した.また,地力窒素の簡易評価法に基づく基肥窒素施肥量と‘コシヒカリ’の生育,収量及び品質との関係を検討した. 

  1. 島根県の水田土壌では,中性リン酸緩衝液抽出液の吸光度を波長420nmで測定する方法が,操作上の安全性が高く,最も迅速かつ簡易な地力窒素の評価法であると推定した.  
  2. 平坦部‘コシヒカリ’を対象に,中性リン酸緩衝液抽出法に基づく基肥窒素の施肥基準量を,吸光度が0.17以下の場合25 kg ha-1,0.18〜0.27の場合15 kg ha-1,0.28以上の場合は無施用の3水準とした.  
  3. 中性リン酸緩衝液抽出法による地力窒素の3水準評価に基づいて基肥窒素施肥を行なった結果,本県の水稲指導指針の収量目標値を満たした上で,乳白粒の発生率が1〜2ポイント改善され,品質向上効果が認められた.  

back

お問い合わせ先

農業技術センター

島根県農業技術センター
〒693-0035 島根県出雲市芦渡町2440
 TEL:0853-22-6708 FAX:0853-21-8380
 nougi@pref.shimane.lg.jp
  <携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>
  迷惑メール対策等でドメイン指定受信等を設定されている場合に、返信メールが正しく届かない場合があります。
   以下のドメインを受信できるように設定をお願いします。
  @pref.shimane.lg.jp