• 背景色 
  • 文字サイズ 
島根県農業試験場研究報告第29号(1995年3月) p109-124
RAPD-PCRを利用したワサビクローン間の識別

杉山万里・春木和久・山田員人

摘要

 RAPD-PCRを利用したワサビクローン間の識別における組織培養増殖苗の変異性の検討を行った。

 

  • PCRの反応液組成は、10*PCRバッファー5 μL、25mM MgCI2 5μL各25mM dNTPs 0.25 μL、Taqポリメラーゼ(TOYOBO)0.25μL、 100μM プライマー1μL、テンプレートDNA(改変簡便法による抽出)1μL、最終容量50μL とするのが適切であった。また、温度条件は熱変性94度C45秒、アニーリング40度C1分、伸長反応72度C1分でサイクル数50回とするのが適切であった。

 

  • 植物体からのテンプレートDNAの抽出法として、改変簡便法が利用可能で、この方法を用いることにより、抽出に要する時間を削減できる。テンプレートDNA抽出に用いる植物体の試料採取部位は、展開直後の葉片が適切であった。
  •  

  • ワサビクローン間の識別には、検討した18種類のうち8種類のプライマーが利用できた。
  •  

  • 実生繁殖品種においては、個体間で増幅されたDNAのバンドパターンの明らかな違いが認められたが、茎頂培養増殖帯では、同一品種、系統内でバンドパターンの違いは確認できず、RAPD-PCRはクローンの識別に有効な手段となり得ることが明らかとなった。
    back

  • お問い合わせ先

    農業技術センター

    島根県農業技術センター
    〒693-0035 島根県出雲市芦渡町2440
     TEL:0853-22-6708 FAX:0853-21-8380
     nougi@pref.shimane.lg.jp
      <携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>
      迷惑メール対策等でドメイン指定受信等を設定されている場合に、返信メールが正しく届かない場合があります。
       以下のドメインを受信できるように設定をお願いします。
      @pref.shimane.lg.jp