• 背景色 
  • 文字サイズ 
島根県農業試験場研究報告第**号(1993年3月) p41-46
茎頂培養によるカキ台木の大量増殖

松本敏一、山田員人

摘要

 カキ台木用 '実生1号' を用い、茎頂培養による増殖法について検討を行った。

 

  1. 培地は、硝酸アンモニウムと硝酸カリウムを半分に希釈した改変MSが通し、シュートの増殖にはBA 10mg/L、伸長にはBA 1mg/Lの添加が有効であった。

 

  • 培養環境については、温度25度C、3,000Lxの全日長、pH4.8−5.8が適していた。
  •  

  • 発根については、1/2MSにしょ糖3%とBA1mg/L添加が有効であった。
  •  

  • 順化については、'西条' 実生を用いた場合、用土にバーミキュライトが、瀧水方法としては底面吸水が適していた。
    back

  • お問い合わせ先

    農業技術センター

    島根県農業技術センター
    〒693-0035 島根県出雲市芦渡町2440
     TEL:0853-22-6708 FAX:0853-21-8380
     nougi@pref.shimane.lg.jp
      <携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方>
      迷惑メール対策等でドメイン指定受信等を設定されている場合に、返信メールが正しく届かない場合があります。
       以下のドメインを受信できるように設定をお願いします。
      @pref.shimane.lg.jp