• 背景色 
  • 文字サイズ 

海外旅行をされる方へ

海外旅行は、大変身近なものとなりましたが、旅先でのトラブルは避けたいものです。
感染症にかからないための行動と予防接種の知識を出発前に確認して、旅行を楽しい思い出にしましょう。


各感染症に対して予防接種は有効な手段ですが、複数回接種が必要なものもありますので、旅行の計画は余裕を持って立てることが肝

心です。渡航時期・滞在期間・経由国・滞在地の状況(流行など)によって必要な予防接種も異なりますので、常に関係機関の最新

情報を確認しましょう。

 

夏休みにおける海外での感染症予防について(外部サイト:厚生労働省)

 

夏休みの海外旅行では感染症に注意しましょう(外部サイト:厚生労働省)

 

旅行先の情報を収集

海外では、日本国内には存在しない病気が流行していたり、国内では心配する必要のない病気がより身近な場合があります。

また、地域によっては上下水道の整備や衛生環境が不充分なところも多くあります。

 

健康で楽しく旅行するために、前もって現地で流行している感染症やその予防方法、衛生環境などを確認し、必要なものを準備しておくことが大切です。

 

海外旅行者のための感染症情報(外部サイト:厚生労働省検疫所)

 

在外公館医務官情報(外部サイト:外務省)


 

 必要に応じて予防接種を

予防接種で防ぐことができる感染症もあります。現地での流行状況や滞在期間、活動内容に応じて予防接種の実施を検討しましょう。

予防接種の種類によっては、数週から1ヶ月の間隔で数回の接種が必要なものもあります。

接種する場合には早い段階から計画的に接種しましょう。

予防接種の実施は、主治医やかかりつけの医療機関等にご相談ください。

 

★(益田市・津和野町・吉賀町にお住まいの方)任意の予防接種実施医療機関について

 

★(外部サイト)海外旅行前の準備「命を守る予防接種」

 

★(外部サイト)予防接種機関の探し方

 

 

保健所でも相談に応じていますので、ご連絡ください。

TEL0856-31-9552(益田保健所衛生指導課感染症担当)

 

旅行中の心がけ

コレラや細菌性赤痢、A型肝炎など飲食物から感染する病気を予防するには、生ものを口にしないことです。サラダ、ジュースの氷、カットフルーツにも要注意です。

 

世界的に蚊が媒介する感染症が多く発生しています。マラリア、デング熱は熱帯・亜熱帯地域で、ウェストナイル熱はアフリカ、ヨーロッパ、中東、中央アジア、西アジアなどの広い地域で、日本脳炎はアジアで広く発生しています。虫除け剤を使用したり、長袖・長ズボンを着用して、虫に刺されないようにしましょう。

 

狂犬病は、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどの一部の国を除いて世界中で発生しています。日本でも、2006年に海外で狂犬病に感染した犬に噛まれ、帰国後発症、死亡した輸入感染例がありました。狂犬病は犬だけでなく、コウモリ、ネコ、キツネ、アライグマなど多くの動物から人に感染します。動物にはむやみに手を出さないようにしましょう。

 

帰国後に体調が悪くなった時

早めに医療機関を受診してください。現地では一般的な病気でも、日本国内には存在しない病気にかかっている場合がありますので、受診時には医師に海外へ行ってきたことを必ず伝えてください。病気によっては、数日から数ヶ月と潜伏期間が長いものがありますので、帰国後の数ヶ月間は体調に注意しましょう。

 

 飛行機

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ先

益田保健所

〒698-0007 島根県益田市昭和町13-1
TEL0856-31-9535(夜間・休日0856-31-9500)
FAX0856-31-9568
masuda-hc@pref.shimane.lg.jp