• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成29年度島根県「HIV検査普及週間」について

  • 平成29329日のエイズ動向調査委員会の発表によると、平成28年の新規HIV感染者・エイズ患者報告数(速報値)は、1,440件で、近年、1,500件台で推移しており、横ばい傾向です。島根県においても平成27年に0件、平成28年には2件の患者・感染者の報告があり、平成29年はすでに1件の患者・感染者が報告されていて、エイズ対策は未だ予断を許さない状況となっています。
  • HIV感染症は、抗HIV薬を用いた多剤併用療法(HAART:HighlyActiveAntiRetroviralTherapy)の導入によって、適切な医療の元で管理できる病気になってきています。しかしながら、現在もなお、エイズを発症して報告される事例が3割のまま推移してきています。HIV感染をできるだけ早期に発見すること、その検査の機会を逸しないようにすることが重要となっています。
  • これまでも島根県を含め全国の保健所では、無料・匿名でHIV抗体検査を行ってきました。平成28年の県内での同検査数は287件であり、平成27年の356件と比較して若干減少しており、利用者の利便性を配慮した検査・相談体制の構築が求められているところです。
  • 厚生労働省・(財)エイズ予防財団の主唱により、「HIV検査普及週間」が創設され、今年度12回目の実施となりました。島根県としてもこの趣旨に則り、利便性の高い時間帯に配慮した検査・相談体制の充実を図り、県民一人ひとりがHIV感染症やエイズに対して関心を持てるよう、HIV検査のさらなる浸透・普及を図る機会とするものです。

 

期間

 

  • 平成29年6月1日(木曜日)から7日(水曜日)の一週間

 

主催

 

  • 島根県

 

普及週間中の重点取り組み事項

  1. 各保健所における時間外検査・相談体制の充実

 検査・相談実施予定は以下のとおりです。

 

※検査は予約が必要です。まずは電話で御相談下さい。

 (予約状況等により、当日予約には対応できない場合がありますので、検査の前日(月曜日の検査については金曜日)17時までに

御予約いただきますようお願いします。

 ※検査会場は各保健所です。

 ※業務上の都合により、日時が変更になる場合があります。

 

2.HIV抗体検査の普及・啓発

  • 中学校、高等学校等で検査普及ポスターを掲示しています。
  • 新聞、テレビ、ラジオにより広報します。

 

関連情報


お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、第2分庁舎 別館3階にあります)
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp