• 背景色 
  • 文字サイズ 

雲南圏域における入退院連携マニュアル

入退院連携マニュアル

事業の内容

平成26年度に県医療政策課が実施した入退院時の病院と在宅サービス事業所(居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション)間の情報共有の実態調査によると、病院から退院支援連絡がなかった割合(退院調整漏れ率)が一定程度あることがわかり、雲南圏域においても15.3%が退院調整がなかったという状況でした。

この退院調整漏れをなくし、病院から在宅へ切れ目のない支援が行われる仕組みを構築するため、雲南圏域では平成28年度に「雲南地域医療介護連携調整検討委員会」を設置して、既存の医療介護連携シートの取組みをさらに広める形で国のモデル事業による他県の取組みを参考にしながら検討を進めてまいりました。

 

入退院時の病院と在宅サービス事業所(居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション)間の情報共有の実態調査(H26)

 

 

雲南圏域における入退院連携マニュアル

医療介護連携調整検討委員会において協議を重ね、平成28年12月に実施した多職種合同研修での実務者の意見を踏まえて、入退院時の情報提供のタイミングや問い合わせ先などを入退院調整ルールとして決定し平成29年3月に「雲南圏域における入退院連携マニュアル」としてまとめました。

このマニュアルは在宅での医療・介護が必要な人が安心して在宅療養できる環境をつくることを目的として作成したものです。

医療介護連携のツールの一つとしてぜひご活用ください。

 

雲南圏域における入退院連携マニュアル(PDF5.24MB)

医療介護連携シート(外部サイト)様式は雲南広域連合ホームページよりダウンロードしてください。

医療介護連携調整検討委員会の協議の概要(PDF)

 

 


お問い合わせ先

雲南保健所

〒699-1396 島根県雲南市木次町里方531-1
電話 0854-42-9623(代表)
FAX 0854-42-9654
unnan-hc@pref.shimane.lg.jp