• 背景色 
  • 文字サイズ 

 若松分校の概要

1概要

 

名称島根県出雲市立神戸川小学校若松分校・河南中学校若松分校

所在地島根県出雲市下古志町1574番地4

開校(分校)平成2年4月

2沿革

昭和48年4月県立湖陵病院内の湖陵町立湖陵小学校の分学級として1学級開級し、児童2名、教員1名でスタート。

昭和49年4月湖陵町立湖陵中学校の分学級として、1学級開級し、生徒4名、教員1名でスタート。

昭和50年4月中学部に専任教員2名を置く。

 11月病院附属のデイケアセンターの2階に教室を移動する。

昭和51年1月湖陵町立湖陵小・中学校の分学級を若松学園と呼称し、小学部をひばり学級、中学部をしらさぎ学級とする。

昭和55年4月中学部にはくちょう学級ができ、小学部1学級、中学部2学級、計3学級となる。

昭和56年3月病院敷地内に若松学園専用園舎竣工。

昭和62年4月中学部3名、小学部1名の専任教員を置く。

 9月園舎内部改造及び実習棟等増築。

平成元年10月中学部に、ちどり学級ができ、小学部1学級、中学部3学級、計4学級となる。

平成2年4月湖陵町立湖陵小学校若松分校・湖陵町立湖陵中学校若松分校としてスタート。

 専任教員として教頭1名、中学校6名、小学校1名を置く。

平成3年3月児童生徒数増加にともないプレハブ施設2教室を増築、並びに、本館施設の内部改造により1教室を拡張する。

平成8年9月第二実習棟を増築する。

平成11年11月小学部に、つばめ学級ができ2学級に、教員1名増。

平成17年3月市町村合併により出雲市立湖陵小学校若松分校、湖陵中学校若松分校となる。

平成20年1月県立湖陵病院移転にともない、出雲市立湖陵小学校若松分校・出雲市立湖陵中学校若松分校が閉校となる。

 2月県立こころの医療センター開院にともない、出雲市立神戸川小学校若松分校・出雲市立河南中学校若松分校が開校する。

 5月分校内にこころ・発達教育相談室(島根県教育センターこころ・発達セクション)が開設される。

 11月第39回博報賞特別支援教育部門(財団法人博報児童教育振興会)を受賞。

平成22年3月日本教育公務員弘済会教育賞奨励賞を受賞。

3概況

若松分校は、島根県立こころの医療センター内にある思春期病棟(若松病棟)に入院した児童生徒の義務教育を保障する公立の学校です。

医療と連携を図り、児童生徒一人ひとりの実態に即したきめ細かな教育支援計画のもとで教育を行い、安心して学べる学習環境の中で自分らしさを見つけ自立へとむかう児童生徒の育成を図るとともに、原籍校への復帰支援を行います。

(1)教育目標「学び直しの中で自分らしさを見つけ、自立へと向かう児童生徒の育成」

(2)経営の方針

 ア)児童生徒の実態を踏まえ、教育課程を工夫し、個に応じた学習と体験学習の充実を図る。

 イ)児童生徒一人一人の教育的ニーズを的確に把握し、リソースを生かした教育支援を行う。

 ウ)児童生徒を取り巻く人垣の連携強化を継続し、病棟・保護者との協働・連動の取り組みにより児童生徒の生活面の理解を深め改善を図る。


お問い合わせ先

こころの医療センター

〒693-0032 島根県出雲市下古志町1574-4
℡   0853-30-0556
FAX 0853-30-2000
kokoronoiryo@pref.shimane.lg.jp