• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成21年度国民健康保険事業状況(島根県)

事業概況

 

1一般状況

(1)保険者数、世帯数及び被保険者数

 平成21年度末における本県の国民健康保険の保険者は、表1のとおり市町村21、国保組合1の計22である。昭和49年度以降増減はなかったが、平成16年度から17年度にかけての市町村合併により保険者数は半分以下となった。

 平成21年度平均で見ると、世帯数は105,228世帯、被保険者数は178,529人である。世帯数が平成4年度以降増加しているのに対し、被保険者数は昭和59年度以降減少していたが、平成9年度以降増加に転じ、平成18年度より再び減少傾向にある。平成20年度は平成20年4月に後期高齢者医療制度が創設され、75歳以上の者等が後期高齢者医療制度に移行するなど、対象者が従来と大きく異なっているので単純比較は出来ないが、1世帯当たりの被保険者数は1.70人となった。

 

(2)被保険者の状況

 平成21年度末における被保険者数は、表2のとおり市町村172,651人、国保組合2,301人、合計174,952人である。そのうち退職被保険者等が14,520人である。

 退職者医療制度の適用状況は表3のとおりである。退職世帯及び被保険者数ともに平成16年度以降増加し、国保世帯全体に占める割合も増加していたが、平成20年4月から退職被保険者等が65歳未満の者に限られることとなり、対象者が大幅減となった。

 表4で年齢階級別被保険者の状況をみると、60歳以上の被保険者が多い。特に本県ではその傾向が顕著であり、平成21年度国民健康保険実態調査によると、平成21年9月末の本県国保加入者の約55%が60歳以上であり、全国平均の約44%を大きく上回っている。

 

(3)被保険者の増減状況

 被保険者の増減状況を異動事由別に見たものが表5である。平成20年度中に新たに国保に加入した者の総数は28,276人である。異動事由別で最も多いのは、被用者保険の資格喪失によるもので、全体の7割以上を占めている。

 一方、国保の資格を喪失した者の総数は32,409人である。異動事由別では、被用者保険への加入が最も多く、ついで後期高齢者医療制度への移行が多くなっている。

 平成9年度以降被保険者数が増加していたが18年度以降は減少傾向にあり、平成21年度は4,133人減少した。

 

2保険給付状況

(1)保険給付状況

 表6は保険給付の状況を年度別に示したものである。

 一般被保険者及び退職被保険者等分の療養諸費は61,434,182千円、前年度比2.8%の増加となった。高額療養費は5,432,102千円で前年度比8.5%の増加、その他の保険給付は272,072千円で葬祭給付の大幅な減により前年度比6.7%の減少となっている。

 

(2)総医療費(療養諸費及び医療諸費)の状況

 表7は被保険者別に総医療費(療養諸費及び医療諸費)の推移を示したものである。

 一人当たり医療費について一般被保険者を基準にして比較すると、退職被保険者等は約1.03倍となっている。

 

(3)被保険者100人当たり受診件数(受診率)

 被保険者100人当たり受診件数(以下「受診率」という。)の年度別推移は、表8のとおりである。

 一般被保険者数及び退職被保険者数等分を見ると、入院・入院外・歯科のいずれも微増となった。また、全国平均と比べると、歯科以外の入院並びに入院外の受診率は全国平均を大幅に上回っている。

 

(4)1件当たりの診療日数

 1件当たりの診療日数の年度別推移は表9のとおりである。

 一般被保険者及び退職被保険者等分を見ると、入院は増加し、入院外・歯科は減少した。しかし、全国平均と比べると、入院外及び歯科では、平均を下回っているが、入院は全国平均を上回っている。

 

(5)1日当たりの診療(医療)費

 1日当たりの診療(医療)費の年度別推移は表10のとおりである。

 一般被保険者及び退職被保険者等分を見ると、入院・入院外は増加しているが、歯科は減少している。また、全国平均と比べると、入院は全国平均を下回っているが、入院外・歯科は下回っている。

 

(6)1件当たり診療(医療)費

 1件当たり診療(医療)費の年度別推移は表11のとおりである。

 一般被保険者及び退職被保険者等分を見ると、入院・入院外は増加しているが、歯科は減少している。また、全国平均との比較では入院外はわずかに下回っているが、入院及び歯科は上回っている。

(7)1人当たり診療(医療)費

 1人当たり診療(医療)費の年度別推移は表12のとおりである。

 一般被保険者及び退職被保険者等分を見ると、入院・入院外で増加し、歯科で減少している。また、全国平均との比較では歯科は下回っているが、入院及び入院外はいずれも大きく上回っている。

 

(8)高額療養(医療)費

 高額療養(医療)費の年度別推移は表13のとおりである。一般・退職を合わせた高額療養費は5,432,102千円、件数は77,589件で、19年度に比べてそれぞれ8.5%、6.5%の増となった。

 

3保険料(税)の状況

(1)保険料(税)現年度分の調定額

 平成21年度における本年の現年度分保険料(税)調定額(介護納付金分を含む)を見ると、一般被保険者分が13,133,542千円、退職被保険者等分が1,615,904千円であり、一般と退職を合わせた調定額は14,749,446千円であった。

 現年度分保険料(税)1人当たり調定額等の年度別推移は表14−1及び14−2のとおりである。

 平成21年度の1世帯当たり調定額は140,164円、1人当たり調定額は82,616円でとなり、前年度と比較すると1世帯当たり調定額で3.1%の増加、1人当たり調定額で0.5%の増加となった。

 

(2)保険料(税)現年度分の収納率

 平成21年度における本年の現年度分保険料(税)収納額を見ると、一般被保険者分が12,328,422千円、退職被保険者等分が1,578,497千円であった。

 収納率は、全被保険者で94.30%であった。市郡別で見ると(表15)、市部が93.94%、町村部が95.20%であった。なお、国保組合は21年度も100%である。平成4年度以降収納率は低下傾向にあったが、18・19年度は連続して上昇していた。しかし、20年度は後期高齢者医療制度の創設などにより、納税意識が高い高齢者が国保から抜けたこと等により大幅に低下した。21年度は前年度から0.02ポイント減となった。

 しかし、平成21年度分で比較すると、本県の収納率は94.30%と全国平均89.52%を4.78ポイント上回っている。また、平成17年度の全国2位を例外として平成8年度以降ほぼ全国1位をキープしており、平成21年度も全国1位であった。

 

 

4市町村国保の財政状況

 医療給付分及び介護分(介護納付金に関するもの)を合わせた収支状況については、収入合計は75,088百万円、支出合計は74,040百万円であり、それらの収支差引合計額は1,048百万円となっている。(表16)

 収入合計から基金繰入額、繰越金等を除いた単年度収入は72,479百万円、支出合計から基金積立金等を除いた単年度支出は73,646百万円となり、単年度収支差は1,167百万円の赤字となり、前年度より424百万円赤字幅が増加した。

 

5市町村国保の保険者別比較(主な状況)

 市町村国保の保険者別に比較したものが表17である。

 被保険者の状況としては、前期高齢者の占める割合が39.07%と全国平均(31.10%)と比べて高くなっている。

 保険料(税)の一人当たり調定額を比較すると、全国平均83,204円に対し本県は74,081円と低くなっている。県内で比較すると一番高い斐川町(94,911円)と一番低い邑南町(52,969円)で約1.8倍の格差となっている。

 一人当たり診療費を比較すると、全国平均289,885円に対し本県は346,810円と高くなっている。県内で比較すると一番高い(412,465円)と一番低い知夫村(299,604円)で約1.4倍の格差となっている。

 

表1:保険者数、世帯数、被保険者数(Excel25.5KBPDF65.7KB

表2:被保険者数の内訳(年度末)(Excel21.5KBPDF54.1KB

表3:退職者医療制度適用状況(年度末、市町村)(Excel22.5KBPDF64.1KB

表4:年齢階級別被保険者数(市町村)(Excel20.0KBPDF58.9KB

表5:被保険者の異動状況(Excel26.5KBPDF69.1KB

表6:保険給付状況(Excel26.5KBPDF73.5KB

表7:被保険者別総医療費の状況(Excel22.5KBPDF58.2KB

表8:被保険者100人当たり受診件数(受診率)(一般被保険者及び退職者被保険者等分)(Excel22.0KBPDF57.7KB

表9:1件当たり診療日数(一般被保険者及び退職者被保険者等分)(Excel21.5KBPDF57.4KB

表10:1日当たり診療費(一般被保険者及び退職者被保険者等分)(Excel22.0KBPDF57.2KB

表11:1件当たり診療費(一般被保険者及び退職者被保険者等分)(Excel21.5KBPDF57.1KB

表12:1人当たり診療費(一般被保険者及び退職者被保険者等分)(Excel21.5KBPDF57.4KB

表13:高額療養(医療)費の状況(Excel21.0KBPDF54.7KB

表14-1:現年度分保険料(税)の状況(島根県)(Excel20.5KBPDF57.6KB

表14-2:現年度分保険料(税)の状況(全国)(Excel21.0KBPDF58.5KB

表15:現年度分保険料(税)の収納率(Excel22.0KBPDF68.6KB

表16:年度別決算による収支の状況(市町村)(Excel20.0KBPDF50.2KB

表17:市町村国保の保険者別主な状況(全被保険者分)(Excel23.5KBPDF98.9KB

 

 


統計表

 

事業年報(PDF1237.9KB



お問い合わせ先

健康推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務所は松江市殿町2番地 島根県庁第2分庁舎3階にあります)
・疾病療養支援グループ(被爆者対策、ハンセン病対策、育成医療、肝炎医療費助成など)0852-22-5329
・母子難病支援グループ(特定疾患、小児慢性特定疾患、母子保健、不妊治療費助成など)0852-22-6130
・健康増進グループ(食育、歯科保健、生活習慣病予防、たばこ対策、健康増進など)0852-22-5255
・医療保険グループ(国民健康保険、保険医療機関及び保険薬局の指導など)0852-22-5270
・がん対策推進室(がん対策の推進及び総合調整)0852-22-5060 / 0852-22-6701
FAX 0852-22-6328
Eメール kenkosuishin@pref.shimane.lg.jp