• 背景色 
  • 文字サイズ 

病院事業の沿革

 

1.島根県立中央病院

 1939年(昭和14年度)私立松乃舎病院として開設(1月)

 1948年(昭和23年度)島根県に移管、島根県中央病院として発足(4月)

 診療科数5科(内科・外科・産婦人科・小児科・耳鼻咽喉科)

 病床数80床(一般病床39床、結核病床41床)

 1951年(昭和26年度)島根県看護学院(乙種看護婦養成所)が附設

 1953年(昭和28年度)市町村組合立伝染病棟(30床)が附設

 診療科増設(眼科、皮膚泌尿器科、精神神経科、歯科)

 島根県中央病院附属高等看護学院(3年過程)となる

 1957年(昭和32年度)総合病院として承認される

 病床数418床(うち結核病床216床)

 1963年(昭和38年度)1号棟及び2号棟が完成

 病院の名称を「島根県立中央病院」と改称

 1965年(昭和40年度)労働福祉事業団から労災病棟の委託を受ける

 1966年(昭和41年度)コバルト60遠隔照射装置・回転横断断層装置・エックス線テレビ装置など近代的放射線診療機器の整備

 1967年(昭和42年度)島根県立高等看護学院として独立(昭和57年4月島根県立総合看護学院に改称)

 1971年(昭和46年度)3号棟をはじめリハビリテーションセンター・中央検査棟・放射線同位元素治療棟を建設

 血管連続撮影装置・シンチスキャナー・シュミレーター・ベータートロン・レノグラム装置・CCU並びに人工腎臓な

 どを整備

 1975年(昭和50年度)国立島根医科大学が開学したことに伴い、関連教育病院に指定される

 1977年(昭和52年度)手術室・剖検室・図書病歴室・研究室を中心とした4号棟を建設

 循環器エックス線撮影装置・脳血管拡大連続撮影装置・シンチカメラ・血液自動分析装置などを設置

 地域医療室を設置

 1978年(昭和53年度)人工腎臓装置11台整備し、本格的人工透析を開始(昭和54年度2台増)

 1979年(昭和54年度)救急救命センターの指定を受け、救急室拡張整備とCTスキャナー導入

 玄関ホールの拡張・外来受付の増設及び薬局増築工事を実施

 関連教育施設として医学生の研修施設である教育棟を建設

 1980年(昭和55年度)既存病院を改造しICU4床を含む救急病棟30床を増設

 人工心肺装置・大動脈内バルンポンプ・カラーサーモグラフィー・リニアックなどを整備

 1981年(昭和56年度)神経内科と理学診療科を増設

 出雲市外六市町広域事務組合立の伝染病棟を改築し、新たに本院との合築による5号棟を建設。NICUを整備

 した周産期センターを設置

 エックス線テレビ装置・尿自動分析装置・アルゴンレーザー光凝固装置・超音波診断装置・ポリグラフ・筋電計等

 を整備

 1986年(昭和61年度)シネ心血管撮影装置の稼動に併せ、心臓血管外科を新設

 診療科20科、病床数667床

 1988年(昭和63年度)「病院の在り方に関する研究会」発足

 第4世代CTスキャナー室及びガンマカメラ室の整備

 1989年(平成元年度)外来患者対策として玄関ホールの拡張

 1990年(平成2年度)磁気共鳴画像撮影装置の設置

 内科外来を増築

 1991年(平成3年度)整形外科外来を増築

 1993年(平成5年度)救命救急科・形成外科・小児外科・中央手術科を設置

 地域医療室を地域医療科に組織改正

 医療技術局を新設し、4局体制となる

 NICUを10床から18床に増床

 CTスキャナーの更新及び体外衝撃波結石破砕装置の新設

 1994年(平成6年度)総合診療科を新設し、内科を消化器科、循環器科、呼吸器科に組織改正

 医療局の組織編成を、内科診療部、外科診療部、中央診療部に整備

 外来の再診予約制を実施

 1995年(平成7年度)内科診療部を除く診療科において院外処方の実施

 新病院移転新築工事着工

 血管連続撮影装置の更新

 腎臓移植及び骨髄移植の実施

 1996年(平成8年度)血液免疫科、内分泌代謝科、腎臓科を新設

 1997年(平成9年度)内視鏡科、病理組織診断科、アレルギー科、呼吸器外科を新設

 医療局の次長を4人体制とするとともに、部を中央診療部、内科診療部、外科診療部、救命救急診療部、母性

 小児診療部に再編成

 医療技術局に医療情報管理科を新設

 1998年(平成10年度)新病院竣工

 (財)日本医療機能評価機構による評価認定

 1999年(平成11年度)医療局に皮膚感覚器診療部を新設

 新病院が開院(8月1日)

 ・IIMS(統合情報システム)が稼動

 ・NICUを18床から24床に増床

 ・PICU3床を設置

 2002年(平成14年度)地域医療連携室を新設し、医療技術局の地域医療連携科と医療情報管理科を移設

 2003年(平成15年度)感染症病棟を16床から12床へ減床

 (財)日本医療機能評価機構による評価認定更新

 2004年(平成16年度)薬剤局を新設し、5局1室体制となる

 女性専門外来を開始

 地域がん拠点病院に指定される(1月)

 2005年(平成17年度)新生児科を新設

 総合周産期母子医療センターに指定される(1月)

 2007年(平成19年度)地方公営企業法を全部適用し、病院事業管理者及び病院局を設置

 

2.島根県立こころの医療センター

 1969年(昭和44年度)厨房機械棟完成

 管理診療棟完成

 開放病棟(80床)完成

 島根県立湖陵病院開設(8月)

 診療開始(8月25日)甲表適用、基準給食、基準寝具承認、歯科診療開始

 全施設竣工、病床数200床となる

 基準看護2類承認

 病院竣工式(11月17日)

 1970年(昭和45年度)児童病棟診療開始

 患者家族会発足

 1971年(昭和46年度)9床増設により209床となる

 1972年(昭和47年度)基準看護1類承認

 1973年(昭和48年度)院内義務教育学級開設(湖陵町立小学校分学級)

 1974年(昭和49年度)院内保育所開設(収容定員15名)

 院内義務教育学級に湖陵町立中学校分学級を併設

老人棟完成(RC2階100床)

 1975年(昭和50年度)老人病棟100床使用開始により309床となる

 デイケア施設完成(RC2階定員60名)

 院内義務教育施設(小学校1学級・中学校1学級)を「若松学園」と呼称

基準看護特1類承認

 1976年(昭和51年度)デイケア施設使用開始

 1978年(昭和53年度)基準看護特2類承認

 1980年(昭和55年度)若松学園専用園舎竣工

 1981年(昭和56年度)精神科デイケア施設基準承認(点数化)

 1984年(昭和59年度)管理部完成

 1987年(昭和62年度)若松学園実習棟増築

 1988年(昭和63年度)厨房棟増築及び整備

 1990年(平成2年度)「若松学園」が「湖陵町立小・中学校若松分校」となる

 1991年(平成3年度)リハビリテーション科新設

 精神科作業療法施設基準承認(点数化)

 1992年(平成4年度)夜間等加算承認診療報酬請求事務委託(ニチイ学館)

 1994年(平成6年度)適時適温給食実施

 1995年(平成7年度)新看護(3対1看護、13対1看補、看護(A)加算)承認

 1996年(平成8年度)予約診療開始

 1997年(平成9年度)エンボスカード導入

 院外処方一部患者に実施

 県立湖陵病院整備検討委員会設置

 1999年(平成11年度)応急入院指定病院指定

 精神科救急医療システム導入

 2000年(平成12年度)精神病棟入院基本料3(看護配置加算、看護補助加算10対1)承認

 隠岐病院へ当院医師の派遣開始

 県立湖陵病院整備計画(県立湖陵病院整備検討会)

2001年(平成13年度)県精神保健福祉審議会県立湖陵病院整備検討小委員会設置

 県立湖陵病院整備検討小委員会検討報告

 2002年(平成14年度)児童・思春期精神科入院医療管理加算承認

 精神科救急情報センター設置(夜間・休日)

 2003年(平成15年度)新病院整備検討委員会設置

 「島根県立こころの医療センター整備・運営事業」実施方針の公表(3月)

 2004年(平成16年度)「島根県立こころの医療センター」(仮称)事業者決定

 5-2病棟廃止により258床となる

 院内保育所廃止

 2005年(平成17年度)「島根県立こころ医療センター」(仮称)PFI事業契約締結

 医療観察法に基づく指定通院医療機関指定(7月)

 精神科急性期治療病棟入院科1承認

 「島根県こころの医療センター」(仮称)敷地造成工事着手

 新病院名称を「島根県立こころの医療センター」に正式決定

 「島根県立こころの医療センター」実施設計終了

 2007年(平成19年度)地方公営企業法を全部適用し、病院事業管理者及び病院局を設置

 新病院竣工・開院式(1月26日)

 湖陵小学校・湖陵中学校若松分校閉校(1月)

 「島根県立こころの医療センター」開院(2月1日)病床数242床となる

 出雲市立神戸川小学校・河南中学校若松分校開校(2月)

 診療開始(2月6日)

 


お問い合わせ先

病院局