• 背景色 
  • 文字サイズ 

介護職場における実務者研修受講のための支援制度

島根県

介護職場で働いている皆様へ

介護福祉士実務者研修受講資金

介護福祉士実務者養成施設で実施する実務者研修を受講して、介護福祉士の資格の取得を目指す方に対して、研修受講資金を貸し付けます。資格取得後2年間、県内で介護の業務に従事する等の要件を満たした場合は、返還が免除されます。詳細は募集窓口の県社会福祉協議会福祉資金係にお問い合わせください。

 実務者研修受講資金貸付募集について(外部サイト)

介護福祉士・社会福祉士を目指す皆様へ

介護福祉士及び社会福祉士修学資金

介護福祉士養成施設、社会福祉士養成施設に在学し、介護福祉士又は社会福祉士の資格の取得を目指す学生に対し修学資金を貸し付けます。資格取得後5年間、県内で介護の業務に従事する等の要件を満たした場合には、返還を免除されます。松江市(美保関町を除く)、出雲市(佐田町、多伎町を除く)以外の過疎地域等の場合は、3年で免除となります。平成29年度養成施設入学希望者に対して、12月から介護福祉士等修学資金の2次募集を開始します。

 詳細は県社会福祉協議会福祉資金係までお問い合わせ下さい。 介護福祉士等修学資金の貸付募集について(外部サイト)

事業主の皆様へ

介護職場における実務者研修代替職員確保支援事業

平成28年9月補正予算の成立により、10月7日付けで新規事業「介護職場における実務者研修代替職員確保支援事業」を実施しています。

介護職場の法人・事業所(障がい福祉の介護職場を除く)において、介護福祉士実務者研修を受講される職員がおられる場合、スクーリングで職場を不在にする間の代替職員の確保に係る人件費等の経費を補助します。(財源:地域医療介護総合確保基金)

実務者研修代替職員確保支援事業

※平成28年度の本事業については、募集を締め切りました。(6/29)

福祉・介護分野の法人・事業所において、介護福祉士実務者研修を受講される職員がおられる場合、スクーリングなどで職場を不在にする間の代替職員の確保にかかる経費を補助します。

厚生労働省

事業主の皆様へ

正規雇用職員に対し、一定の要件の下、事業主が実務者研修を職業訓練として受講させた場合などに、事業主が負担した訓練費用が支給されます。(「通学課程」及び「通信課程」いずれも対象として認められます。)

ただし、この補助事業と県の「介護職場における実務者研修代替職員確保支援事業」との併用はできません。

実務者研修指定施設(実務者研修を開講する学校)

実務者養成施設一覧(2016.5現在)

 

(このほかにも各地で実務者研修が実施されていますので。直接指定施設に研修時期、場所等についてお問い合わせ下さい。)

 


お問い合わせ先

地域福祉課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地(県庁第二分庁舎4階)
  TEL  0852-22-6822・5089
    0852-22-6762・6715(社会福祉士・介護福祉士に関すること)  
  FAX 0852-22-5448

  mail tiiki-fukushi@pref.shimane.lg.jp
         fukukan@pref.shimane.lg.jp(社会福祉法人に関すること)