• 背景色 
  • 文字サイズ 

ブラジルから日系研修員が来県

JICA日系研修員事業を活用し、ブラジルからの研修員2名が今夏来県し、Rubyを使用したソフトウェアの開発技術を学ぶため県内企業でIT研修を開始しています。

平成26年9月17日、この研修員2人が環境生活部長に挨拶しました。

2人とも、ブラジルでIT関係会社で勤務経験があるため、研修はスムーズに進んでいるようです。

 

研修員会話風景

 

Rubyはとてもシンプルなプログラム言語なので、使いやすいようで、2人ともRubyは松江で初体験だったのですが、すでにゲームを作成することができたようです。

うち1人の研修員の祖父母は島根県出身者で、初めて祖父母の故郷を訪れ、島根の住みやすさに感激していました。

2人の研修は、2月初旬まで続きます。

集合写真

 

JICA日系研修員受入事業とは・・・

中南米への日本人移住者の子弟を「日系研修員」として受け入れ、中南米の日系社会への支援を通して移住国の国づくりに貢献するとともに、県の国際化施策等への協力を通じて地域の国際化を促進しています。

 


お問い合わせ先

文化国際課

島根県環境生活部文化国際課
【住 所】
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
【電 話】
○国際交流グループ 0852-22-6493
○文化振興室 0852-22-5878
○島根県パスポートセンター 0852-27-8686
【FAX】
○国際交流グループ・文化振興室 0852-22-6412
○島根県パスポートセンター 0852-25-9506
【E-mail】
○国際交流グループ bunka-kokusai@pref.shimane.lg.jp
○文化振興室 bunkashinko@pref.shimane.lg.jp
○島根県パスポートセンター passport@pref.shimane.lg.jp