• 背景色 
  • 文字サイズ 

一般国道186号の通行止めについて

平成29年10月29日午後1時から片側交互通行に切り替えました

平成29年7月4日からの大雨により、一般国道186号・登り谷スノーシェルターの基礎部が崩落したため全面通行止めとしていましたが、応急対策工事が完了したことにより、平成29年10月29日午後1時に全面通行止めを解除し、片側交互通行に切り替えました。長い間皆様にはご不便・ご心配をおかけしました。

なお、被災箇所および前後の区間は片側交互通行となりますので、通行の際には信号機や規制看板の案内に従って、十分ご注意をお願いします。

登り谷スノーシェルター横から

上の写真:応急対策工事完了後(平成29年10月30日)、写真奥が広島県側

国道186号片側交互通行171030

上の写真:片側交互通行に切り替え後、写真奥が浜田市側

国道186号片側交互通行171030

上の写真:片側交互通行箇所、写真奥が浜田市側

規制図

片側交互通行規制図

上り谷スノーシェルター横断面図

 

登り谷スノーシェルター横から

上の写真:被災直後(平成29年7月上旬)、写真奥(右側)が広島県側

登り谷スノーシェルター下から

上の写真:被災直後(平成29年7月上旬)、写真右側が広島県側

 

片側交互通行規制の解除日時は未定です。

片側交互通行規制の解除に向けた工事のスケジュールなど今後の情報は、適宜当ホームページで提供していきます。

島根県浜田県土整備事務所ホームペーhttp://www.pref.shimane.lg.jp/hamada_kendo/

なお、電話による問い合わせ先は以下のとおりです。

工事・復旧時期について:電話0855-29-5777(維持第一課※24時間対応しますが、土曜・日曜・祝日・夜間は詳細なお答えはできません。

通行規制について:電話0855-29-5642(管理課※24時間対応しますが、土曜・日曜・祝日・夜間は詳細なお答えはできません。

 

以下、道路法

(通行の禁止又は制限)

第四十六道路管理者は、左の各号の一に掲げる場合においては、道路の構造を保全し、又は交通の危険を防止するため、区間を定めて、道路の通行を禁止し、又は制限することができる。
道路の破損、欠壊その他の事由に因り交通が危険であると認められる場合

道路に関する工事のためやむを得ないと認められる場合

問い合わせ先

〒697-0041

島根県浜田市片庭町25島根県浜田合同庁舎4階

浜田県土整備事務維持管理管理課、維持第一課

 

浜田県土整備事務所へ移島根県トップページへ移道路維持課へ移このページの最上部へ移動

 

アクセス件数

アクセスカウンタ

件(since2017.7.11)

浜田市・江津市内の島根県の管理する施設等の異常を発見した場合の連絡は…

道と川の相談ダイヤルのタイトル道と川の相談ダイヤルの浜田県土整備事務所の電話番号

 

へ電話してください。(日曜含め(基本的に)24時間応答)


お問い合わせ先

浜田県土整備事務所

浜田県土整備事務所
〒697-0041
島根県浜田市片庭町254
電 話 0855-29-5654
FAX0855-29-5691(業務部、維持管理部、土木工務部、建築部)
   0855-29-5623(農林工務部)