• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成30年度石見銀山遺跡特別講座

(広島会場)「奪い合う石見銀山」

大航海時代、石見銀山から産出された大量の銀は、世界の経済や文化の交流に大きな影響を及ぼしました。

一方国内では、戦国から江戸にあたるこの時代、石見銀山を支配すべく、時の権力者たちが争奪戦を繰り広げました。

世界遺産・石見銀山の開発から争奪戦までの歴史を紐解く、2回連続の特別講座を以下の内容にて開催します!

 

チラシ

 

 

【第1講】

日時:平成30年8月25日(土)13:30~15:20(開場13:00)

場所:中国新聞ホール(広島市中区土橋町7-1中国新聞ビル7階)

講演:仲野義文氏(石見銀山資料館館長)

 「石見銀山の開発とその時代」

定員:500名(要事前申込・先着順・入場無料)

【第2講】

日時:平成30年9月9日(日)13:30~15:20(開場13:00)

場所:中国新聞ホール(広島市中区土橋町7-1中国新聞ビル7階)

講演:長谷川博史氏(島根大学教育学部教授)

 「毛利氏と石見銀山」

定員:500名(要事前申込・先着順・入場無料)

 

(申込方法)

はがき、FAX、メールのいずれかで、郵便番号、住所、氏名、電話番号、同伴者の氏名、人数と、第1講だけ聴講希望」「第2講だけ聴講希望」「両方を聴講希望」のいずれかを記入し、「石見銀山講座」係まで、お申し込みください。

※定員に達し次第締め切ります。受講者には、聴講券を送付します。

(はがき)〒730-0854広島市中区土橋町7-1、中国新聞企画サービス「石見銀山講座」係あて

(FAX)082-294-0804

(メール)event5@c-kikaku.co.jp

(問い合わせ)中国新聞企画サービス、電話:082-236-2244(平日9:30から17:30)

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ先

文化財課世界遺産室

〒690-8502 松江市殿町1番地
島根県教育庁文化財課 世界遺産室
電話0852-22-5642,6127  FAX 0852-22-5794
sekaiisan@pref.shimane.lg.jp