• 背景色 
  • 文字サイズ 

万葉公園

万葉航空写真島根県は古来から、出雲、石見、隠岐の3つの地方に大きく分けられています。
出雲地方は、古事記、日本書紀のなかで出雲神話として取りあげられており、古代文化発展の地として有名ですが、石見地方も、現存最古の歌集である万葉集に詠まれています。その大半は、8世紀の初めに石見地方に住んだ万葉時代の歌人柿本人麻呂の作品であり、この地方の古代文化の象徴となっています。
そのため、島根県では浜山公園、石見海浜公園に続く3番目の県立都市公園として、柿本人麻呂にゆかりの深い益田市に、万葉のロマンを広く世に伝え、石見神楽などの郷土芸能に接する知的レクリエーションの場として本公園を昭和57年9月に開園しました。
来園した人々には、万葉集と万葉植物を観賞しながら、160年の時を越え、その時代の生活や心情を忍び、石見神楽などの郷土芸能を演じ、鑑賞していただけると思います。

施設配置図

万葉公園の管理運営について

島根県では、平成17年度より公園管理において「指定管理者制度」を導入しました。万葉公園の指定管理者は以下の団体です。

指定管理者において、独自のホームページを作成しておりますのでご覧下さい。

 万葉公園指定管理者ホームページ(外部サイト)

指定管理者名 大畑建設株式会社
指定管理者情報
住所 〒698−0041

 島根県益田市高津町イ2402−1

 万葉公園管理センター

電話番号 (0856)22−2133
E−mail info.manyou@ohata.co.jp

アクセス

 

万葉アクセスアクセス

国道9号須子交差点(柿本神社入口)から約3km

国道191号蟠竜湖入口から約3km

アクセス
バス JR益田駅より「緑ヶ丘」又は「蟠竜湖」行で

高津停留所下車(バス10分)。徒歩5分。

 

 


お問い合わせ先

都市計画課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
TEL:0852-22-5210
FAX:0852-22-6004
toshikei@pref.shimane.lg.jp