• 背景色 
  • 文字サイズ 

出雲管内の不法係留船対策

河川管理者の許可なく河川内に船舶を係留することは法律で禁止されています

不法係留:河川内に河川管理者の許可を受けずに船舶の係留を行うこと。

不法:法に違反していること。また、その様。)(係留:船等を繋ぎ止めておくこと。)

※河川法

・河川法第24条

「河川区域内の土地を占用しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。」

・河川法第26条

「河川区域内の土地において工作物を新築し、改築し、又は除去しようとする者は国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。」

⇒許可を受けずに船舶の係留を行ったり、桟橋等を設置する行為は河川法違反となります。

・河川法第29条

「河川の流水の方向、清潔、流量、幅員又は深浅等について、河川管理上支障を及ぼすおそれのある行為については、政令で、これを禁止し、若しくは制限し、又は河川管理者の許可を受けさせることができる。」

⇒河川を損傷すること、土石の投棄、自動車その他の河川管理者が指定したものを入れること等を禁止している。

・河川法施行令第16条の4第1項2号(平成26年4月1日改正)

「何人も、みだりに次に掲げる行為をしてはならない。」

「河川区域内の土地に船舶その他の河川管理者が指定したもの(イ)、土石(ロ)又はごみ、糞尿、鳥獣の死体その他の汚物若しくは廃物(ハ)を捨てる(放置する)こと。」

⇒みだりに船舶その他の河川管理者が指定したものを河川区域内の土地に放置等することを禁止。違反した者へ罰則。

不法係留船がもたらす様々な支障

河川に係留されたプレジャーボートは景観を損ねるだけではありません。

洪水時等にプレジャーボートが流出し、橋梁や治水施設を破損させることがあります。堀川でも平成24(2012)年4月3日の爆弾低気圧による突風でプレジャーボートが流出しました。

支障の写真1支障の写真2支障の写真3沈没しかけた(した)船舶の写真1

 

船舶所有者は自分で保管場所を確保してください!

出雲県土整備事務所では、不法係留船対策をしています。

出雲市大社町地内を流れ、日本海に注ぐ二級河川堀川においては、以前から多数のプレジャーボート等が係留され、河川管理上の支障となっています。船舶所有者は自己責任において、適正な場所に保管してください。

 

今後も、不法係留船対策を続けていきます。

 

大社支所前

平成24(2012)年6月の堀川の様子(ご縁橋上流)

 

主な不法係留船対策へ移動

 

堀川の不法係留船舶状況(平成26年1月24日更新)へ移動

 

アクセスカウンタ

お問い合わせ先

出雲県土整備事務所

〒693-8511 島根県出雲市大津町1139番地(出雲合同庁舎内)

  Tel(0853)30-5615 Fax(0853)24-3766