• 背景色 
  • 文字サイズ 

治山事業の紹介

 

 

治山事業とは

 保安林(または地すべり防止区域)内において森林の維持造成を行い、森林の持つ機能を高めることで土砂崩れや地すべりといった災害から県民のみなさんの生命・財産を守る事業です。

 

 

山腹工

 土留工、法枠工等で山腹斜面の安定を図り、下方の家屋や道路などを守ります。

 本谷地区は法枠工、緑化工等を施工しました。

 

本谷地区における山腹法面の災害と復旧の様子

 

 

渓間工

 谷止工や流路工を施工し、渓流の浸食の防止により渓床の安定、山脚の固定及び土砂の流出の抑止・調節を行い、下流の家屋や道路などを守ります。

 

森原地区における谷止工の様子

 

防災林造成

 防風林造成(防風柵・抵抗性マツ等植栽)により、強風や潮風、砂丘から飛んでくる砂などを防ぎ背後の家屋や畑などを守ります。

 

田ノ浦地区における防風林造成の様子

 

 

森林整備

立木が過密化し、表土が流出するなど水土保全機能が低下した保安林の整備を実施し、森林の機能の回復を図ります。

 

江津市における森林整備の様子

 

 

間伐材利用の取り組み

 間伐は成長の過程で過密になった立木の一部を抜き伐りし、木々同士の競争を緩和させ、残された木々を健全に成長させるための作業です。間伐により明るくなった森林では下層植生が地面を覆い土砂の流出を防ぎ、競争の緩和により力強く育った木々は災害を防ぐと共に、温室効果ガスを多く吸収し地球温暖化の防止に貢献します。

 この間伐作業により生産されるのが間伐材です。治山事業では間伐材を積極的に利用し、間伐を促進させることで災害の防止や地球環境保全を図っています。

間伐材利用例の紹介

 

 

防災学習会

 浜田県土整備事務所では、自治会や小中学校等を対象に防災学習会を行っています。

 

 近年、昔と雨の降り方が変わってきています。

「記録的な」「過去にない」「観測史上最高の」豪雨が全国で多発しています。

 

 土砂災害の90%は過去100年間に土砂災害の起きたことのない場所で起きています。「この前の雨でも大丈夫だった」「今まで崩れたことがない」といった意識を変え、一人ひとりが考えて行動しなくてはなりません。

 

 土砂災害から命を守るためにはどうしたらよいのか学んでいただくために、

 ・森林の働きについて・土砂災害とは何か・土砂災害から身を守るためには

 

 このような内容について、お話しさせていただきます。

 

防災学習会の様子

 

 

 


お問い合わせ先

浜田県土整備事務所

浜田県土整備事務所
〒697-0041
島根県浜田市片庭町254
電 話 0855-29-5654
FAX0855-29-5691(業務部、維持管理部、土木工務部、建築部)
   0855-29-5623(農林工務部)