• 背景色 
  • 文字サイズ 

浜田港臨海工業団地(福井地区)

浜田港福井地区
 *赤い囲みが工業団地

 

【浜田港の紹介】

 浜田港臨海工業団地のある浜田港は、島根県の西部浜田市にあり、昭和32年重要港湾の指定を受けた島根県管理の港湾で、県内最大の国際貿易港です。

 浜田港は、島根県の物流・人流の重要な港湾であり、県都松江市には、国道9号で2時間30分(約127km)、中国地方の中心都市広島市とは、浜田自動車道で約1時間30分(約100km)、一般道でも2時間30分(約100km)の距離にあり、中国地方の物流の拠点港として最適の位置にあります。

 平成11年度には、岸壁(水深14m、当面は暫定水深12mで供用)が供用を開始し、環日本海時代に向け本格的な対岸貿易に力を注いでおり、平成13年3月には韓国釜山との定期コンテナ航路(週1便寄港)が、平成24年12月にはロシア・ウラジオストクとの定期RORO船航路(月2便以上)が就航し、日本海側拠点港の一つとして大きな飛躍が期待されます。

 

【浜田港臨海工業団地(福井地区)の紹介】

 浜田港臨海工業団地は、岸壁(水深14m)を有する福井地区埠頭の背後に造成した工業団地で、港湾を利用する企業及び港湾関係企業を対象に分譲しています。

 前面の埠頭は、岸壁(水深14m)1バース(暫定水深12m)、岸壁(水深7.5m)2バース(内1バースは耐震岸壁)、岸壁(水深5.5m)1バース、野積場9ha、多目的クレーン1基の設備があり、コンテナ貨物関係施設も整備しています。

 埠頭と工業用地は埠頭内道路(臨港道路)で区切られており、港を利用して原材料を搬入したり製品を搬出する企業にとっては、岸壁に近接する絶好の立地条件であります。

 また、工業団地からはアクセス道路(臨港道路)でわずか1分で国道9号に接続しております。

 

福井地区の概要
起業者 島根県(土木部港湾空港課)
位置 浜田港福井埠頭背後
分譲可能面積 35,231m2
最低分譲面積 希望の面積
基準分譲単価

19,300円/m2

問い合わせ先 浜田港湾振興センター(TEL0855-27-0088)

 

工業団地平面図

 

福井地区工業団地平面図

 

 

 

 

 

位置図

 

 浜田港福井地区位置図

 

 

 


 

 


お問い合わせ先

港湾空港課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
0852-22-5201
0852-31-6247(FAX)
kouwankuukouka-kanrisya@pref.shimane.lg.jp