• 背景色 
  • 文字サイズ 

七類港(しちるいこう)

本土と隠岐島を結ぶ離島航路の発着基地港

島根のみなと一覧七類港

地方港湾七類港は、島根県の東部リアス式海岸が連なる島根半島の東部に位置し、三方を山に囲まれ冬季の北西の風に対して安全な地形であることから、古くから天然の良港として日本海航路の船舶の避難港として利用されてきました。

一方、離島航路の本土側の基地として昭和47年から本格的な整備が行われ、現在では大型フェリーや超高速船に対応した整備を行っています。

七類港の概要

七類港の概要
管理者

島根県

所在地

島根県松江市美保関町

港湾指定日

港湾区域認昭和28年7月10日(港管第1374号)

避難港指昭和26年1月19日(政令第214号)

港湾区域面積

195ha

臨港区域

最終指平成18年3月2日(島根県告示第165号)

10.6ha

主な港湾施設

 

七類港主要施設

名称 水深 延長 備考
-5.0M岸壁 -5.0m 140.0m  
-6.0M岸壁 -6.0m 125.0m 離島航路(フェリー)
-6.5M岸壁 -6.5m 150.0m 離島航路(フェリー)
-5.0M岸壁 -5.0m 210.0m  
-5.0M岸壁 -5.0m 64.0m 官庁船

 

七類港に関する、お問い合わせ先

 

島根県松江県土整備事務所

〒690-0011島根県松江市東津田町1741-1

 TEL:0852-32-5694

 FAX:0852-32-5716

 

島根のみなと一覧

 


お問い合わせ先

港湾空港課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
0852-22-5201
0852-31-6247(FAX)
kouwankuukouka-kanrisya@pref.shimane.lg.jp