• 背景色 
  • 文字サイズ 

景観形成住民協定の例

住民協定には、次のようなものがあります。

 

ー地域の特性を活かした住民協定ー

例1○○自治会魅力あるまちづくり協定

1.まちづくりの方向

新しい住宅地において、緑豊かで落ち着きのある魅力的な町並みをつくることを目指しています。
2.景観形成に関する事項
建築物の
位置は、できるだけ道路境界線から後退させる。
形態は、街並みと調和した、まとまりのあるものとする。
意匠と色彩は、落ち着いたものとする。
素材は、周辺の景観との調和に配慮したものとする。
敷地の緑化については
道路沿いに垣、柵を設置する場合は、生け垣とする。
道路から見える場所には、植樹をする。

四季が丘

川津シンフォニータウン「四季ヶ丘」建築協定
(松江市上東川津町)

 

例2△△商店街花と緑のまちづくり協定

1.まちづくりの方向

街路樹の植栽など、花や緑の豊かな潤いのある通りとするとともに、広告や看板に統一感を持たせることにより商店街のイメージアップを図ります。
2.景観形成に関する事項
  • 建築物等の形態、意匠等は、△△商店街のイメージに合ったものとする。
  • 広告、看板を統一し、商店街全体の調和を図る。
  • 街灯、案内板、ベンチの形態や意匠を統一する。
  • 街路樹の維持管理に協力する。

津和野

高岡通り地域活性化協議会(津和野町後田)

 

例3ふるさと□□の景観を守り育てる協定

1.まちづくりの方向

地区の美しい景観を残すとともに、花と並木を植えるなど、誇りと愛着を持って住めるまちを目指します。
2.景観形成に関する事項
  • 建築物等の色彩は、派手なものは避け、落ち着いたものにする。
  • 屋根の素材は、石見瓦を用いる。
  • 道路沿いに垣、柵を設置する場合は、できるだけ生け垣とする。
  • 道路から見える場所は、ヤマモモを植樹し、地区のシンボルとする。

矢尾・日下

北山の自然と史跡を活かす矢尾・日下景観

づくり協定(出雲市矢尾町)

 

協定書の例

魅力あるまちづくり協定書サンプル

お問い合わせ先

都市計画課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
TEL:0852-22-5210
FAX:0852-22-6004
toshikei@pref.shimane.lg.jp