• 背景色 
  • 文字サイズ 

景観形成住民協定とは

魅力あるまちは、みんなの力で・・・

 生け垣や街路樹が続く緑豊かなまち、全体のイメージに調和して建てられた店と統一された看板でデザインされた個性的な商店街、美しい清流に鯉が泳ぎ、石州赤瓦の家並みが続く落ち着いたまち。
 このような美しい魅力的な景観は、私たちの心にやすらぎとうるおいを与え、地域への誇りと愛着を育み、活力あるふるさとをつくり出してくれるのではないでしょうか。
 しかしながら、人々の営みの長い歴史の中で育まれた貴重な景観も時の流れのなかで次第に姿を変えつつあります。けばけばしい色彩で塗られ、周りとの調和を考えない建物も多く見られるようになり、緑の少ない雑然とした街並も目につきます。
 そこで、わたしたちは、自分の家もまちの景観の一つであるという視点をもち、周りとの調和や緑化に配慮することが求められています。さらに、身近な景観をうるおいのある快適なものとするためには、通りや近所で力をあわせて取り組んでいく必要があります。
 まちの将来をみんなで話し合い、景観についてこれからどのようにつくり、育てていくかを考えることはまちづくりの第一歩です。
 島根県としては「ふるさと島根の景観づくり条例」に基づき、自治会や商店街などで建物の色や形、敷地の緑化などに取り決めをする制度−「景観形成住民協定」制度−により皆様の自主的で活発なまちづくり活動を支援します。

やじるし

自治会での話し合い風景
地区の会合で協定づくりの話合いがもたれます。

お問い合わせ先

都市計画課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
TEL:0852-22-5210
FAX:0852-22-6004
toshikei@pref.shimane.lg.jp