• 背景色 
  • 文字サイズ 

法面工事及び区画線工事保有機械確認

法面工事保有機械確認要領(平成28年6月1日以降適用)

 

〔平成28年6月1日以降提出する「法面工事保有機械確認資料」から適用します。〕

 

【要領の主な改定箇所】

1.機械写真の撮影方法(撮影日が分かるように撮影日の新聞を入れて撮影)

2.モルタル・植生基材吹付機の《点検整備表》を規定

 

法面工事保有機械確認要領(通知文、改定概要)【PDF1.1MB】

法面工事保有機械確認要領(全文)【PDF14.4MB】

・法面工事保有機械確認要領の様式

 法面工事保有機械確認資料提出一覧表【Word235KB】

 種子吹付機提出書類様式【Excel82KB】

 モルタル・植生基材吹付機提出書類様式【Excel88KB】

 モルタル・植生基材吹付機点検整備表【Excel132KB】

 鉄筋挿入工削孔機提出書類様式【Excel83KB】

 グラウンドアンカー削孔機提出書類様式【Excel83KB】

問合せ先【PDF16KB】

 

法面工事保有機械確認要領の改定(予告)の変更【平成29年2月15日】

平成29年4月に以下の改定を予定していましたが取り止めます

下記のような改定を予定していましたが、「平成29・30年度入札参加資格申請」において「法面工事保有機械確認要領」で求めている資料に加え1.の「第二種圧力容器明細書」の写しの提出を求めるようにしました。また、2.の「整備状況」の写真(動画)についてはその代わりとして、施工機械の保有状況ならびに稼働状況を、「平成29・30年度入札参加資格」の事後確認により現地で確認することとしました。つきましては、平成29年4月に改定する旨予告を行っていた下記改定については取り止めます。

平成29年4月1日以降入札公告する法面処理工事の入札参加にあたっては、入札公告を確認して頂き、必要な競争参加資格確認資料の提出をお願いします。

 

*************************************************************

■モルタル・植生基材吹付機について

 

1.「機械等検定規則」第4条により個別検定に合格した機械に交付されている「第二種圧力容器明細書」写しの提出を義務化します。

 モルタル・植生基材吹付機を安全に運転させるためには、「登録個別検定機関」により「個別検定合格済」とされた、「機械等検定規則」第1条第1項1の「個別検定を受けようとする機械等の構造図」(以下「構造図」という。)に基づいた整備・点検が不可欠です。

 「構造図」の写しの提出は求めませんが、「構造図」が厳に手元に保管されていることを「第二種圧力容器明細書」の写しの提出により確認するものです。

 

2.「ボイラー及び圧力容器安全規則」第88条に規定する「定期自主検査」と、安全に機械を運転するために必要な項目の整備の状況写真(動画)の提出を義務化します。

 「法面工事保有機械確認要領」に平成28年6月1日以降行う「定期自主検査」と整備の項目を《点検整備表》に規定しており、それが正しく行われているかを確認するものです。

 

問合せ先【PDF15KB】

*************************************************************

 

※上記改定は行いません。【平成29年2月15日】

 

法面工事保有機械確認資料の事前申請(平成28年4月1日以降適用)

 

 法面工事について、入札の参加資格に「法面工事保有機械確認要領」(以下、「要領」という。)に定める機械の保有が条件とされている場合、入札公告毎に「要領」に定める「法面工事保有機械確認資料」(以下、「保有確認資料」という。)を提出する必要があります。

 入札公告毎の「保有確認資料」提出の省力化を目的として、技術管理課に「保有確認資料」の事前申請をすることができます。

 事前申請され、法面工事保有機械を確認したものについて、技術管理課の収受印を押印した「法面工事保有機械確認資料提出一覧表(事前申請用)」(写)を送付します。

 この「法面工事保有機械確認資料提出一覧表(事前申請用)」(写)を入札参加時に添付することにより「保有確認資料」の提出を省略できます。

 

〔平成28年4月1日以降入札公告する工事から適用します〕

法面工事保有機械確認資料の事前申請について(通知文)【PDF148KB】

法面工事保有機械確認資料提出一覧表(事前申請用)【Word240KB】

申請・問合せ先【PDF17KB】

 

区画線工事保有機械確認資料の事前申請(平成25年10月1日以降適用)

 

 区画線工事について、入札の参加資格に機械の保有が条件とされている場合、入札公告毎に「区画線工事保有機械確認資料」(以下、「保有確認資料」という。)を提出する必要があります。

 入札公告毎の「保有確認資料」提出の省力化を目的として、技術管理課に「保有確認資料」の事前申請をすることができます。

 事前申請され、区画線工事保有機械を確認したものについて、技術管理課の収受印を押印した「区画線関係所有車両及び施工機械一覧表(事前申請用)」(写)を送付します。

 この「区画線関係所有車両及び施工機械一覧表(事前申請用)」(写)を入札参加時に添付することにより「保有確認資料」の提出を省略できます。

 

〔事前申請時に提出するもの〕

1.区画線工事保有機械確認資料

2.区画線関係所有車両及び施工機械一覧表(事前申請用)

 

〔平成25年10月1日以降入札公告する工事から適用します。〕

区画線工事保有機械に係る事前申請について(通知文)【PDF766KB】

※事前申請は随時受け付けます。通知文中の提出期限は適用しません。

区画線工事関係所有車両及び施工機械一覧表(事前申請用)【word23KB】

申請・問合せ先【PDF17KB】

 


お問い合わせ先

技術管理課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
TEL 0852-22-5652
FAX 0852-25-6329
e-mail gijyutsu@pref.shimane.lg.jp