• 背景色 
  • 文字サイズ 

アオコ情報

1.アオコとは

アオコとは「青粉」と書き、植物プランクトンの仲間である数種類の藍藻(らんそう)が大量に発生し、「湖や池の表面で青い粉をまいたような状態」となったもの、または、その原因となった大量に発生した「藍藻の群衆」を「アオコ」と呼んでいます。
 

2.宍道湖におけるアオコの確認状況

これまでの宍道湖におけるアオコの確認状況については、国土交通省出雲河川事務所HP(外部サイト)をご覧下さい。
 
3.今後、宍道湖にアオコが発生するおそれ
プランクトンは湖水の窒素やリンを栄養として増えます。そして、これまでの調査・研究により宍道湖におけるアオコの発生は、窒素やリンの濃度の他、水温や塩分濃度にも因ることが分かっています。

島根県では、国土交通省の水質連続観測データを活用し、一ヶ月後に宍道湖にアオコが発生するおそれが高いか、注視しています。
現在の水温や塩分濃度の状況から、1ヶ月後にアオコが発生するおそれは高いです。
 
4.アオコが発生しないように
アオコの発生を抑制するために、最も大切なことは、栄養となる窒素やリンを減らすことなので、以下のような取組をお願いします。
 
●道路路面、道路側溝、水路などの清掃活動に参加し、湖沼への泥やゴミの流出を防ぎましょう。
●除草した草などは放置しないで適正に処分し、河川等へ流出しないようにしましょう。
●田んぼの代かき時などに適正な水管理を行い、濁りや肥料成分の流出をできるだけ少なくしましょう。
●浄化槽の適正使用、適正管理につとめましょう。
●ボランティアや環境学習などに参加し、美しい湖沼環境を守る輪を広げましょう。


お問い合わせ先

環境政策課宍道湖・中海対策推進室

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-6445