• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立津和野高等学校

 

津和野高等学校の生徒さんが、益田市リサイクルプラザ(外部サイト)(益田市下波田町)を見学しました。

 

8月2日(水)益田市リサイクルプラザ見学

 

 益田市リサイクルプラザには、『工場棟』と『啓発棟』があります。

 『工場棟』では、益田市内で収集されたごみのうち、埋め立てごみ、容器包装プラスチック、粗大ごみ(木製家具類)、廃食用油の4種類が持ち込まれ、ごみを再利用するために、もう一度使える資源をより細かく分別しています。

 平成28年度は、1,442tのごみが持ち込まれました。内訳は、埋立ごみ627t(内、市民持込分136t)、木製家具182t、容器プラスチック625t、廃食用油8t。

 『啓発棟』では、体験工房、再生品修理室、啓発・展示コーナー等を備えています。

 この日は、工場棟の機械が故障し修理中だったため、稼働している様子を見ることは出来ませんでしたが、運ばれてきたごみの処理工程を見学しました。

 


最初は、益田市リサイクルプラザの仕事と、循環型社会等について話を聞きました。

館長から説明をうける生徒 リサイクル法

 

ごみの排出量のピークは、平成12年。

この頃から、各種リサイクル法が施行されていきます。

 

■容器包装リサイクル法(H12.4完全施行)→びん、ペットボトル、紙製・プラスチック製容器包装等

■家電リサイクル法(H13.4完全施行)→エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、テレビ、洗濯機・衣類乾燥機

■食品リサイクル法(H13.5完全施行)→食品残さ

■建設リサイクル法(H14.5完全施行)→木材、コンクリート、アスファルト

■自動車リサイクル法(H17.1本格施行)→自動車

■小型家電リサイクル法(H25.4施行)→小型電子機器等


それでは、現場を見ていきましょう。

 

↓ごみの計測

ごみの計測写真

トラックごと赤い点線で囲んだ計測器に乗り、運ばれてきたごみの重さを量ります。

約30tまで、計測できます。

 

↓破袋機

破袋機

計測されたごみは、赤い点線で囲んだ破袋機で袋をやぶって中身を取り出します。

 

↓手選別ライン

手選別ライン

容器包装プラスチック類と不燃ごみに誤って混入しているペットボトル、ビン、缶等を人の手で分けます。

選別段階で取り出されたペットボトル、ビン、缶等は、市内の再商品化業者に運ばれます。

 

医療系廃棄物が混入されて困っている

 

 

↓容器包装プラスチック

固められた容器包装プラスチック

より分けられた容器包装プラスチック類は、圧縮梱包機によって固められ、(公財)日本容器包装リサイクル協会が指定したリサイクル業者に運ばれます。

 

↓粗大ごみ(木製家具類)

粗大ごみ受入れホッパ― リサイクル家具

修理して使用可能な家具類は『啓発棟』で再生品家具としてリサイクルします(写真右)

リサイクル出来ない家具類は、黄色い点線で囲んだ粗大ごみ受入れホッパ(写真左)に入れ、二軸式破砕機で直径30センチまで細かく砕いた後、益田地区広域クリーンセンターで焼却します。

 

↓廃食用油

廃食用油タンク 廃食用油処理フロー図

集められた廃食用油は、1日にドラム缶2本分の処理ができます(廃食用油処理フロー参照)。リサイクルされた食用油は、工場内の重機や、ごみ収集車の燃料等として使用しています。

 

↓最終埋立処分場

最終埋立処分場 創設時容量、残容量、年間埋立量を記載した図

資源を抜き取った不燃ごみを埋め立てします。

最終処分場は、あと16年で満杯になるそうです。

 

↓ミミズのコンポスト(啓発棟)

ミミズコンポスト

ミミズが食べた野菜のくず等が糞となり、土にかえす”ミミズコンポスト”。

自然の力で循環を行うため、とてもECOな活動です。生徒の皆さんも、興味津々で見入っていました。

 

 

まとめ

担当者の方が「日本が豊かになったから、ごみの問題が多くなってきました。日頃、皆さんのごみに対する関心は少ないと思いますが、関心が高まるときは、ごみに関する問題が多くなった時だと思います。リサイクルが進み、ごみも減ってきました。ごみの問題は、半分は見えないものです。ぜひ、皆さんには、見えるものだけではなく、見えないものに関心をもってください。」と話されていたのが、印象的でした。

 

 

担当者のつ・ぶ・や・き

吹き出しのイラスト日本が豊かになるにつれて、ごみも増えてきました。増えたごみをどう処理するのか問題になったため、ごみやリサイクルに関する法律が施行されました。法律が施行されると、一人一人のごみに対する意識も徐々に高まり、今では、家庭や商業施設等でのごみの分別が当たり前になっています。しかし、運ばれてくるごみの中には、きちんと分別がされていないごみもあります。この見学を通じて、生徒の皆さんも、日頃出しているごみが、どのように処理やリサイクルされているのかということを学び、改めて、ごみやリサイクルに対する意識が変わったのではないでしょうか。 ごみ収集の様子のイラスト


お問い合わせ先

環境政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:(0852)22-6379 FAX:(0852)25-3830
E-mail:kankyo@pref.shimane.lg.jp