• 背景色 
  • 文字サイズ 

花粉飛散調査

当研究所では環境省の依頼を受け、敷地内において毎年2月から5月にかけて花粉自動計測器を設置し、花粉の計測を行っています。

花粉の計測結果は花粉観測システム(はなこさん)において公表されています。

花粉自動計測器

花粉観測システム(愛称・はなこさん)とは

中国四国地域の花粉観測システムは2006年2月に運用開始され、以後毎年、花粉飛散量が測定されています(調査期間:2月1日〜5月31日)。

島根県においては、人口の多い都市部として松江市(国設松江大気測定所:保健環境科学研究所)、

花粉の発生源地域として飯南町(中山間地域研究センター)の、2地点で観測されています。

花粉計測器は、ポンプで大気を吸引し、そこへレーザー光を照射して、スギやヒノキの花粉の粒子による光の散乱から

花粉濃度(個数/m3)を測定します。1時間ごとの飛散量が、環境省のホームページの地図上に丸印の大きさ数値で示されます。

 

⇒花粉症予防や対策に、環境省の花粉情報の活用をお勧めします。

 はなこさんホームページ(外部サイト)

 

 


お問い合わせ先

保健環境科学研究所

〒690-0122 島根県松江市西浜佐陀町582-1
tel:0852-36-8181
fax:0852-36-8171
hokanken@pref.shimane.lg.jp