• 背景色 
  • 文字サイズ 

地球温暖化防止座談会

原動力は県民各人の思い身近な活動から環境保全


出席者一覧
 島根県は豊かな自然に恵まれていますが、異常気象や自然破壊との因果関係などが指摘され、地球規模での対策が急がれる地球温暖化問題と無縁ではありません。そこで今回は、地球環境保護のメッセージを世界に発信した漫画「地球の秘密」の作者で、12歳で他界した坪田愛華さん(当時斐川町立西野小6年)の遺志を継ぎ、上演が続いている県民ミュージカル「あいと地球と競売人」であいちゃん役を演じた3人と、愛華さんの母・坪田揚子さんが、澄田信義知事とともに、地球温暖化がもたらしている影響や、県民が取り組むべき温暖化防止策などを話し合いました。進行役は、島根県地球温暖化対策推進計画策定委員の藤原秀晶山陰中央新報論説委員。

 

地球温暖化防止について話し合う出席者の写真

故坪田愛華さんのメッセージや県民ミュージカルの体験などをもとに、地球温暖化防止について話し合う出席者

=松江市殿町、島根県庁知事室

 

故坪田愛華さんの作品「地球の秘密」

1991年12月に12歳で他界した坪田愛華さんが約2カ月をかけ、死の直前に描き上げた、地球環境の保護を訴える漫画作品。
小学6年生の留美と英一に、図書館で借りてきた本の中から飛び出してきたアースが「地球の秘密」を教える展開で描かれ、地球の歴史や生態系の仕組み、環境汚染の現状、国際間協力や市民運動の必要性などを分かりやすく描いた。
1992年に出版され、これまで11カ国語に翻訳され、世界80カ国以上で読まれている。県内では小、中学校の教材としても活用されており、母の揚子さんが愛華さんの遺志を継ぎこのほど、絵本として再出版した。
県民ミュージカル「あいと地球と競売人」は1994年以来、出演者を代えて上演されている。

 

 

(2004年12月26日付山陰中央新報掲載)

Allrightsreserved島根県環境生活部環境政策課,山陰中央新報社


 


お問い合わせ先

環境政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:(0852)22-6379 FAX:(0852)25-3830
E-mail:kankyo@pref.shimane.lg.jp