• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成22年度「Rubyビジネスモデル研究実証事業」成果公開

島根県では、平成22年度に「プログラミング言語Rubyの特徴を活かし、顧客ニーズを素早く的確に捉え、顧客満足度を高めるためのソフトウェア開発手法」を詳らかにする「Rubyビジネスモデル研究実証事業」を行いました。

本研究実証の全体報告書、並びに、実証事業を委託した県内4社の報告書を公開いたします。

また、平成23年4月15日(金)には、松江市内において成果に関する研究発表会を開催しました。

 

「Rubyビジネスモデル研究実証事業」全体報告書

 

株式会社テクノプロジェクト(外部サイト)

顧客(県内企業、製造業)が、現在は紙ベースで行っている製造現場の業務をシステム化。

開発者は、1、2週間ごとに顧客と打ち合わせを行い、顧客価値の高い機能から順次開発。

その開発プロセスは随時カイゼンを図り、顧客・開発者ともに成長をしていくことで、ソフトウェア価値および品質を高めた。

 

株式会社ネットワーク応用通信研究所(外部サイト)

診療所で利用される診療情報分析システムの開発に取り組む。県内複数の診療所からシステムへのニーズを聞き、開発途中でデモンストレーションを行いながら、実際の開発は遠隔地にある他企業と分業して取り組んだ。

 

株式会社日本ハイソフト(外部サイト)

複数の企業が協業し開発するアジャイルプロセスでは例のない開発パターン。開発企業と顧客(県内企業)は毎週打ち合わせを行い、開発、実装、リリース、評価、次の開発に関する打ち合わせを繰り返した。

 

株式会社プロビズモ(外部サイト)

開発側2社と顧客(県内教育機関)がいずれも遠隔地にある中で開発するアジャイルプロセスでは例のない開発パターン。物理的に離れた環境で、テレビ会議システム、情報共有ツールを利用するなどして開発側と顧客の意思疎通を図った。

 

事業の実施にあたっては、専門的な知見に基づいた助言、提言を行う研究会を設置しています。

 

○アドバイザリーボード事業の委託先

株式会社永和システムマネジメント(外部サイト)

 

○「アドバイザリーボード事業」研究会

【委員長】

平鍋健児氏[(株)永和システムマネジメント・取締役副社長、(株)チェンジビジョン・代表取締役社長、アジャイルプロセス協議会・フェロー]

【委員】

濱勝巳氏[(株)アッズーリ・代表取締役社長、アジャイルプロセス協議会・会長]

倉貫義人氏[TIS(株)所属、SonicGarden・カンパニー長]

鷲崎弘宣氏[早稲田大学・基幹理工学部情報理工学部・准教授]

前川徹氏[サイバー大学・IT総合学部・教授]

伊久美功一氏[(独)情報処理推進機構、ソフトウェア・エンジニアリング・センター]


お問い合わせ先

産業振興課情報産業振興室

島根県 商工労働部 産業振興課 情報産業振興室
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 
TEL:0852-22-6220 FAX:0852-22-5638 
sangyo-shinko@pref.shimane.lg.jp