• 背景色 
  • 文字サイズ 

Innovation Trial(高度IT技術探索・習得)支援事業

2020年に向けてさらなるIT需要の増大が予想される中、多くのサービスがクラウドで提供され、人工知能やIoT(モノのインターネット)などに関連した最新技術が注目を集めています。

こうした中で島根県は、県内のエンジニア・IT企業が、注目される最新技術を探索・習得する機会を支援します!

 

この支援を通じて、

◯島根県内から”イノベーティブ”な製品・サービスが創りだされること

◯県内IT企業の受託競争力が向上すること

を期待しています。

 

この支援事業をご活用ください!

 

1.支援対象者

(1)1年以上継続的に活動している、または今後1年以上継続して活動することが予定されているコミュニティ

(2)県内に本社、支社又は研究開発機能を有する法人、又はそうした法人で構成される任意団体(以下「企業等」という。)

※除外規定がありますので、詳しくは別添「InnovationTrial(高度IT技術探索・習得)支援事業実施要綱」をご覧ください。

 

2.支援対象事業

支援対象となる技術探索・習得機会(以下、「勉強会」という。)は、県内でコミュニティ、企業等が主体的に開催する勉強会であって、以下の各(1)〜(4)の全てに該当するもの。

 

(1)次に例示する最新技術を習得する機会であること。

【カテゴリー】

・クラウドコンピューティング(サービス、インフラ関係)

・セキュリティ

・人工知能、機械学習、データ分析・解析技術

・IoT

・フィンテック

・ドローン

・自働航行、自動運転

・音声認識、多言語音声翻訳、自然言語処理

・他社の提供するサービスに係る技術認証の取得を目指す取り組みなど

 

【要素技術】

・サーバーアーキテクチャ、サーバーレスアーキテクチャ

・並列分散処理基盤技術

・P2Pリアルタイムコミュニケーション

・深層学習、画像解析

・ブロックチェーン

・ヒューマンセンシング

・通信ネットワーク基盤技術

・その他、県が認める最新技術

 

(2)技術習得を目指す者が概ね5名以上参加することが見込まれていること。

(3)参加者の3分の2以上が、支援対象者の構成員であり、且つ過半数が技術習得を目指すITエンジニアであること。

(4)探索・習得する技術に関して、高い知見、専門性を有する者を講師として招聘すること。

3.支援内容

(1)支援対象事業として、県が適切と認める場合は、講師招聘に関する費用を県が支援する。

(2)県が支援する費用とは、講師招聘に要する謝金と旅費とする。

(3)講師に係る謝金は、原則として1日当り10万円以内とし、通算5日分を上限とする。

(4)講師に対する旅費は、県の旅費規程により算出する。

 

4.実施要綱

5.担当

島根県商工労働部産業振興課情報産業振興室永岡、杉原

電話番号0852-22-5621FAX0852-22-5638


お問い合わせ先

産業振興課情報産業振興室

島根県 商工労働部 産業振興課 情報産業振興室
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 
TEL:0852-22-6220 FAX:0852-22-5638 
sangyo-shinko@pref.shimane.lg.jp