• 背景色 
  • 文字サイズ 

松江藩籐細工(まつえはんとうざいく松江市


松江藩籐細工

 江戸時代末期に武士の内職として始まった松江藩籐細工を引き継いできた長崎家では、幕末から籐を編み上げ、六弁の花びらのような形を作る「花結」は、長崎家二代目が考案したものである。こうした一子相伝の高度な技術は現在五代目に受け継がれており、花かごや茶道具の炭斗などに編まれ、全国的にも珍重されている。

 

【製造過程籐購入→割る、削る→篭を組む→完成
【主な製品炭斗、果物篭、生花用篭など
【長誠】
〒690-0033松江市大庭町1614
平成16年3月31日指定

 

 

 

 

 

AllRightReserved(C)島根県しまねブランド推進課

 


お問い合わせ先

しまねブランド推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5128
FAX:0852-22-6859
brand@pref.shimane.lg.jp