• 背景色 
  • 文字サイズ 

事業継続計画(BCP)

事業継続計画(BCP)とは

 事業継続計画(BCP:BusinessContinuityPlan)とは、企業が自然災害等の緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、核となる事業の継続または早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを事前に策定した行動計画のことです。

 

BCPの必要性

1.事故・災害への対応

 東日本大震災をはじめ、近年、地震や水害等の自然災害の脅威が高まっています。また、新型インフルエンザやテロ等、新しいリスクも発生しています。

 また、現代社会は高度な情報システムに依存しているため、情報システムのトラブルや停電が発生した場合には、社会活動に大きな影響が出るようになっています。

 このように、自然災害や事故等の危険性が高まっていること、さらに事故等の影響が広範囲に及ぶ可能性があることを念頭におくと、個々の企業において、それらの影響をいかに最小化していくかは、実は重要な経営課題であるという認識を持つことが必要です。

 

2.企業活動の連携

 近年、一つの事業は距離を問わず様々な企業と連携をしながら成立するようになっています。そのため、自社の事業活動が停止してしまうと、その影響は一つの企業体にとどまらず、広範囲に及ぶ可能性があります。

 他方、効率性を追及し、調達先を絞り込んだ企業の場合、原材料を調達している企業の事業が停止してしまうと、自社の事業も一緒に停止してしまう、という状態も見られています。

 このように、現代社会においては、自社の事業活動の停止は、社会全体に影響を与える、ということを考慮しておくことが必要です。

 

3.企業価値の向上

 BCP策定の際には、自社の業務内容の分析を行うため、事業の分析や業務内容の改善を図るきっかけになります。それにより、事業の見直しが促進され、ひいてはより強い企業体質への変革、企業価値の向上にもつながります。

 また、事故災害が発生した場合でも事業を維持することは、企業としての社会的な責任を果たすことにもなります。

 

パンフレット

関連施策リンク

ガイドライン

BCP様式

認証関連

Q&A

<Q1>既に整備している消防計画や防災計画で十分なのでは?

<A1>既存の防災計画は、事業を継続させる、あるいは早期復旧を実現させるための計画にはなっていません。BCPは中核となる事業の継続や早期復旧を目指すものであり、既存の計画とは大きく異なります。

 

<Q2>BCPにもISO9001等のような国際規格はあるのですか?

<A2>国際規格である「ISO22301(社会セキュリティ―事業継続マネジメントシステム―要求事項)」が2012年に発行されました。国内では既にこの規格に基づく第三者認証制度が開始されています。

 

<Q3>BCPを策定しても、実際の事故災害時にはうまく機能しないのでは?

<A3>BCPを策定することで事業継続の取り組みが終了するわけではありません。計画策定後には、内容の評価や教育を行う意味でも訓練を行うことが必要となります。訓練を実施することで、課題を抽出し、計画内容を継続的に改善していきます。このような取り組みを行うことで、実際に事故災害が発生した場合にも計画内容を機能させることが重要となります。

 

 

 


お問い合わせ先

中小企業課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
・金融グループ(県内中小企業に対する融資、企業立地促進法、信用保証協会などに関すること)TEL:0852-22-5883
・団体商業グループ(大規模小売店舗立地法、貸金業法及び割賦販売法、中小企業等協同組合法、官公需、地域商業等支援事業、事業継続力強化アドバイザー派遣事業などに関すること)TEL:0852-22-5655
・経営力強化支援室(事業承継総合支援事業、経営革新計画、中小企業・小規模企業支援計画などに関すること)TEL:0852-22-5287
FAX:0852-22-5781
E-mail:keiei@pref.shimane.lg.jp