• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立美術館

愛しきもの塩谷定1899-1988

80年もの間大切に保存され、日の目を見ることのなかった貴重なコレクション約400点(作品約300点、資料約100点)によって、戦前の作品を中心に塩谷定好の全貌を公開します。

開催期間:3月6日(月)〜5月8日(月)

愛しきもの塩谷定1899-1988(外部サイト)

 

島根県立古代出雲歴史博物館

出雲国風土記−語り継がれる古代の出雲−

当館の開館10周年記念を銘打つ本展では、「出雲国風土記」がどのようにして編纂されたのか、そこにはなにが記されているのか、その後どのように伝えられてきたのかといった点について、考古・歴史・美術などの豊富な資料をもとに考えます。
開催期間:3月25日(土)〜5月16日(火)

出雲国風土記−語り継がれる古代の出雲−(外部サイト)

 

島根県立八雲立つ風土記の丘

宍道湖自然館ゴビウス

常設展示

汽水をメインテーマにした体験学習型水族館で、島根県の川や宍道湖・中海に生息する生きもの約200種類1万点を展示しています。

 

自然派アーティスト村上康成氏が描く「命のつながり」村上康成原画展

デビュー作「ピンクぺっこん」から30年を経て贈る、絵本作家村上康成氏の集大成ともいえる「ピンクがとんだ日」の原画と描きおろし作品展示。

開催期間:開催中〜3月13日(月)

自然派アーティスト村上康成氏が描く「命のつながり」村上康成原画展(外部サイト)

 

第35回特別展「サケ・マス大百科」

オショロコマやゴギなどイワナの仲間、ヤマメ、アマゴといったサケの仲間などそれぞれ体の模様や特徴に注目し展示します。

開催期間:3月15日(水)〜5月8日(水)

第35回特別展「サケ・マス大百科」(外部サイト)

 

出雲弥生の森博物館

島根県立三瓶自然館サヒメル

春季企画展『キノコだれの子?』

知っているようで意外と知らない「キノコ」の世界に迫る企画展です。

開催期間:3月11日(土)〜5月28日(日)

春季企画展『キノコだれの子?』(外部サイト)

 

三瓶小豆原埋没林公園

しまね海洋館アクアス

島根県芸術文化センターグラントワ

企画キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展

後に英国自然史の父とよばれる、ジョゼフ・バンクスが、18世紀に太平洋を旅するなかで発見した美しい花々、出会った人々の暮らしと文化を、版画や民族資料などで紹介します。

開催期間:4月22日(土)〜6月26日(月)

企画キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展(外部サイト)

 

しまね花の郷

松江歴史館

企画展「セピア色の水松江〜明治・大正・昭和の絵葉書コレクション〜」

明治から大正、昭和へと移り変わる松江の姿を写した絵葉書コレクションを中心に、珍しいガラス乾板や鳥瞰図などを展示。
松江の名所や町並み、祭りや生活風景など、なつかしい風景をごらんください。

開催期間:開催中〜4月2日(日)

企画展「セピア色の水松江〜明治・大正・昭和の絵葉書コレクション〜」(外部サイト)

 

和鋼博物館

加納美術館

企画山本陶秀と青戸慧ー日本の心を視るー

生誕110年を迎えた山本陶秀と作家デビュー80年の青戸慧の二人の作品を展示

開催期間:開催中〜3月13日(月)

企画山本陶秀と青戸慧ー日本の心を視るー(外部サイト)

 

洋画家山崎修二の世界

斎藤与里、加納莞蕾から伝えられた感動とともに

開催期間:3月18日(土)〜5月22日(月)

洋画家山崎修二の世界(外部サイト)

 

 

足立美術館

春季特別日本画にみる理想の人物表HUMAN−ヒューマン−

当館のコレクションの中から、人物画の名作を紹介するとともに、究極の人物表現ともいえる仏画を展示いたします。

開催期間:3月1日(水)〜5月31日(水)

春季特別日本画にみる理想の人物表HUMAN−ヒューマン−(外部サイト)

 

田部美術館

企画四季の茶道具「花だより」

春日、うららかな時候にふさわしい茶道具の取合せや、江戸時代から近代にかけて製作された出雲地方を代表する楽山焼や布志名焼の名品などの約80点の展観。

開催期間:3月10日(金)〜4月16日(日)

企画四季の茶道具「花だより」(外部サイト)

 

モニュメントミュージアム来待ストーン

出雲玉作資料館

安部榮四郎記念館

出雲かんべの里

奥出雲たたらと刀剣館

鍛練実演

毎月第2日曜日・第4土曜日10時〜11時半・13時〜14時半

定期的に日本刀鍛練実演を公開しています。奥出雲町在住の島根県伝統工芸士小林三兄弟による見事な実演をご覧下さい。

 

出雲文化伝承館

ー海のシルクロードに花開くーインドネシ染織の世界

インドネシアの染と織の美を紹介するとともに、山陰の絣織と出雲の筒描藍染めや幻の板締も展示します。

開催期間:3月25日(土)〜5月14日(日)

 

手錢記念館

平田本陣記念館

没後80小村大雲×落合朗-館蔵品を中心に-

郷土ゆかりの日本画家小村大雲 ( おむらたいうん ) と落合朗風 ( おちあいろうふう ) の没後 80 年をむかえ、館蔵品を中心に回顧展を開催します。

開催期間:開催中〜3月19日(日)

没後80小村大雲×落合朗-館蔵品を中心に-(外部サイト)

 

荒神谷博物館

仁摩サンドミュージアム

田中敬二展

ダンボールを使った現代アート

開催期間:開催中〜4月4日(日)

田中敬二展(外部サイト)

 

浜田市世界こども美術館

石見神楽と浜田の伝統展−受け継がれた技−

石見神楽や浜田の伝統文化を紹介する展覧会。

開催期間:開催中〜3月20日(月・祝)

石見神楽と浜田の伝統展−受け継がれた技−(外部サイト)

 

浜田市浜田郷土資料館

石正美術館

没後一年回顧展「石本魂の軌跡」(後期)

2015年9月、95歳で逝去された日本画家・石本正(島根県浜田市三隅町出身)の没後一年にあたり、回顧展を開催します。「感動することこそが人生だ」と語り、最後の瞬間まで絵ひと筋に生きた画家の生涯と創作の原点を追う、没後初の大回顧展です。

前期展示作品を大幅に入れ替えて展示します。

開催期間:開催中〜3月12日(日)

没後一年回顧展「石本魂の軌跡」(後期)(外部サイト)

 

今井美術館

今井美術館コレクション展

現在、院展で活躍中の気鋭作家による現代日本画約30点を展示します。
多用な広がりを見せる現代日本画の世界をご堪能ください。

開催期間:開催中〜4月28日(金)

今井美術館コレクション展(外部サイト)

 

安野光雅美術館

温泉津やきものの里

絲原記念館

秋冬季企画展「松江藩お抱え蒔絵師・勝軍木庵作品の魅力」

奥出雲の野山が錦繍に彩られるこの季節に絲原家歴代当主たちが
用いた美術工芸品、什器、茶道具などをご紹介します。

開催期間:開催中〜3月12日(日)

 

奥出雲多根自然博物館

島根県などのミュージアムについてもっと知りたい方はこちら


お問い合わせ先

広島事務所

■■ 島根県広島事務所 ■■
 〒730-0032 広島県広島市中区立町1-23(ごうぎん広島ビル3F)
 TEL:082-541-2410  FAX:082-541-2412 
 E-mail:hishi@joe2.pref.shimane.jp