• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成28年度島根県水産技術センター研究課題一覧

研究課題一覧表1
課題名 期間 研究概要 担当科
沖合底びき網漁業における省エネ・省力・省人化漁具の開発 H28〜30 本県基幹漁業である沖合底びき網漁業は、燃油高騰、魚価低迷、高船齢化により厳しい経営状況にある。そこで漁労経費の60%以上を占める燃油費と労務費の削減を目的とした省エネ・省力・省人化漁具の開発を行う。H28年からは第2期対策。 海洋資源科
エッチュウバイの資源管理に関する研究 H9〜H28 エッチュウバイ資源の持続的利用を図るため、エッチュウバイの資源生態について、ばいかご漁業調査と試験船によるトロール調査を行い、適正漁獲量、適正漁獲努力等の提示ならびに漁業情報の提供を行なう。 海洋資源科
主要浮魚類の資源評価と漁況予測に関する研究 H13〜 本県の主要浮魚類について漁獲統計調査、市場調査、試験船調査により資源状態を把握し、主要浮魚資源について漁況予測を行う。 海洋資源科
主要底魚類の資源評価に関する研究 H13〜 本県の主要な底魚類の資源状況を漁獲統計調査、市場調査、試験船調査により把握し、資源の適切な保全と合理的・永続的利用を図るための提言を行う。 海洋資源科
重要カレイ類の資源評価と管理技術に関する研究 H13〜 本県の底びき網漁業の重要な漁獲対象資源であるムシガレイ、ソウハチ、アカガレイの資源回復を目的として、これらを漁獲対象とする漁業の管理指針作成のための基礎資料を得る。 海洋資源科
島根県における主要水産資源に関する資源管理調査 H23〜 島根県における主要水産資源の合理的・持続的利用を図るため、県内における漁業種類別・魚種別の漁獲動向を把握し、資源管理手法開発の基礎資料とする。 海洋資源科
フロンティア漁場整備生物環境調査 H20〜 ズワイガニ・アカガレイを対象に設置されたフロンティア魚礁において、小型トロール網により生物調査を行い、魚礁の効果を調査する。 海洋資源科
沖合底びき網漁業操業実態モニタリング調査 H28〜30 浜田地区沖合底びき網漁業において、アカムツ若齢魚を保護する資源管理の取組みを漁業現場へ普及・実用化するためにモニタリング調査を実施し、課題解決とともにe-MPA導入効果の検証を行う。 海洋資源科
マアジ資源新規加入量調査 H14〜 日本海南西海域において中層トロール網によりマアジ稚魚の分布量調査を実施し、日本海へのマアジ当歳魚加入量の推定を行う。 海洋資源科
江の川における天然アユ再生による資源回復手法の開発 H25〜28 激減した江の川の天然アユ資源を回復させるため、浜原ダムへのアユ遡上制限と秋季の禁漁による親魚の増加効果、置き土による河床環境の改善、造成による産卵場環境の改善技術の開発を行う。 海洋資源科
研究課題一覧表2
課題名 期間 研究概要 担当科
基幹漁業漁獲物の高鮮度化と高品質な売れる商品づくり技術の開発 H25〜28 浜田地域水産業構造改革推進プロジェクトにおける沖合底びき網漁業の漁船再生工事(リシップ)で整備された冷海水供給装置と保冷魚艙の効果を高めるため、これらの設備を活かした漁獲物の鮮度向上、活魚化率の向上、加工品の高品質化に取り組む。 利用化学科
まき網漁獲物における非食用向けアジ、サバ類若齢魚の高品質食品化技術の開発 H27〜29 まき網漁業の漁獲物の多くを占める若齢魚は非食用向けとして扱われているため低価格である。一方、加工業者は安定的に入手できる高品質な原魚を求めている。そこで、両者を結びつけるために、非食用向け若齢魚を対象として、旨味成分であるイノシン酸を高濃度に含有する加工製品を作る技術を開発する。 利用化学科
地域水産物利用加工基礎調査事業 H28〜30 県内各地域プロジェクトで行う漁獲物のブランド化や売れる水産物づくりを支援するために、各地先の漁業者、水産加工業者、流通業者、市町村等が取り組む独自の商品開発や付加価値向上に関する技術的な課題解決を図る。併せて、調査研究で得られた技術情報を効果的に情報発信する。 利用化学科
ワカメのベビーリーフとハバノリの海面養殖技術開発と特産化研究 H27〜29 新規漁業就業者の柱の1つである養殖ワカメの収穫時期は2月以降であり、荒天が多く漁船による操業が困難な12〜1月の収入確保が課題となっている。そこで、フリー配偶体培養技術を応用して早期に収穫が可能なワカメ幼葉の養殖技術開発を行う。 浅海科
藻場分布状況モニタリング調査 H26〜30 県内の各水域で大型海藻を主体とする藻場が減少傾向にあるが、その実態と原因については不明である。そこで、大型海藻を主体とする藻場の分布状況について継続的なモニタリング調査を行い藻場の減少の現状を把握と原因を明らかにする。 浅海科
中海有用水産物モニタリング調査 H28〜30 中海の有用魚介類の資源状況をモニタリングし、増殖方法や有効利用方法を検討するための基礎資料を収集する。 浅海科
島根原子力発電所の温排水に関する調査 S42〜 島根原子力発電所から放水される温排水による、海洋環境および海洋生物への影響を調査する。 浅海科
魚介類安全対策事業(貝毒) H5〜 貝毒被害を未然に防止するため、貝毒プランクトンの発生に関するモニタリング調査を浜田漁港内、恵曇漁港内、栽培漁業センター桟橋で実施する。なお公定法(マウス試験)による麻痺性・下痢性貝毒検査は保健環境科学研究所で実施する。 浅海科
日本海における大規模外洋性赤潮の被害防止対策事業 H20〜 山陰沿岸に来遊し、サザエやアワビ等に被害を与える外洋性有害赤潮に対応するため、発生状況や海洋環境について、モニタリング調査を行う。さらに、衛星画像解析等により発生機構を解明するとともに、赤潮輸送シミュレーションによる発生予察技術を開発する。 浅海科
アユ冷水病対策事業 H12〜 本県のアユ冷水病は平成5年に発生が確認されて以来、依然として発生し続けており、アユ資源に重大な影響を及ぼしている。そのため、被害を軽減するための防疫対策を行う。 内水面科
アユ資源回復支援モニタリング調査 H28〜30 高津川をモデル河川として、天然アユ資源を回復させるため漁獲制限、産卵場造成等の効果を把握するためアユの分布密度、河床環境、流下仔魚量等の調査を行う。 内水面科
宍道湖有用水産動物モニタリング調査 H28〜30 宍道湖の有用水産魚介類であるヤマトシジミ、シラウオ、ワカサギなどの資源動向や生息環境(貧酸素水塊や水草の発生等)をモニタリングし、漁業者等が取り組む資源管理と増殖に係る検討の際に情報を提供する。 内水面科
内水面資源生息環境改善手法開発事業 H25〜29 神西湖および高津川における、ウナギ、アユの生息環境に関する調査を行い、資源管理のための基礎データの収集を行う。 内水面科
島根県東部におけるゴギ(イワナの地域亜種)生息状況調査 H25〜 本県東部におけるゴギの生息状況を把握する。 内水面科
宍道湖・中海再生プロジェクト H24-29 我が国を代表する汽水域の環境、生物の専門家を加えて宍道湖・中海の総合的な調査体制を立ち上げ、「環境変化の原因解明と改善方法の開発」と「生物生産の低迷原因の解明と生産回復のための技術開発」を実施し、宍道湖ではシジミを1万トン漁獲していた当時の物理、生物環境の再生を、中海ではサルボウ・アサリ等の増養殖技術の確立をそれぞれ目指す。 内水面科
浅海科
魚病および養殖技術の普及指導 H14〜 水産生物の疾病診断、防疫指導を通して、魚病を予防し、その被害の軽減を図る。飼育担当者の防疫技術の向上を図り魚介類の養殖及び増養殖を推進する。 浅海科
内水面科
利用化学科

 


お問い合わせ先

水産技術センター

島根県水産技術センター(代表)
〒697-0051 浜田市瀬戸ヶ島町 25-1
TEL.0855-22-1720 FAX.0855-23-2079 E-Mail: suigi@pref.shimane.lg.jp