• 背景色 
  • 文字サイズ 

養殖イワガキ

イワガキってどんなカキ?

 このカキは本来、水深5メートル前後の外海の岩礁域や防波堤に生息していますが、平成4年に隠岐島の西ノ島町で養殖に成功してから、県下各地での取り組みが広がりつつあります。

 養殖されるイワガキは、約3年で300グラム程度のサイズにまで成長しますが、産卵を控えた春から夏が「旬」とされおりこの時期にはカキの身が数段ボリュームアップするため、別名「夏ガキ」とも呼ばれています。

3年物の養殖イワガキの画像

3年物の養殖イワガキ

レモンの大きさからカキのサイズが充分お分かり頂けると思います

 

 イワガキの養殖では、夏に人工授精を施してホタテ貝の貝殻に付着させた稚貝を、海中のロープに吊して大きくします。

 イワガキは、海水中のプランクトン等を餌としており、プランクトン等を水と一緒に貝の中に取り込んで食べるので、海水をきれいにする働きもあります。イワガキが成長するスピードは、養殖する海域の餌や波といった条件によって多少の差がありますが、およそ生まれてから2年で150グラム、3年では300グラム程度まで大きくなります。

 初めはホタテ貝殻に付着していたイワガキ稚貝ですが、成長に伴って次第にカキ同士がくっつく様になり、3年物のイワガキですとホタテ貝殻1写真枚分が重量で5kg程度の大きな塊になります。(写真を参照下さい)
水揚げされたイワガキは、まず塊から1個づつの貝に分離された後、貝殻表面に付着したフジツボや海藻等を掃除してから出荷されます。

 

養殖イワガキの収穫(西ノ島町)の画像

養殖イワガキの収穫(西ノ島町)


お問い合わせ先

水産課

 ≪お問い合わせ先≫
 島根県農林水産部水産課
 住 所:〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
 電 話:0852-22-5312
 FAX:0852-22-5929
 Eメール:tobiuo@pref.shimane.lg.jp