• 背景色 
  • 文字サイズ 

奥出雲町中村の個人池におけるKHV病発生について(2012.8.10)

1.概要

島根県水産技術センター内水面浅海部が8月8日に実施したKHV病の一次検査(PCR検査)の結果KHV陽性と判定された奥出雲町中村の個人池でへい死したコイについて、独立行政法人水産総合研究センター増養殖研究所(三重県度会郡南伊勢町)での確定診断の結果、2尾中2尾について陽性と確定され、KHV病と診断されました。

2.対応

(1)個人池の所有者に対し、持続的養殖生産確保法に基づくまん延防止措置として所有するコイの移動禁止命令を行った。

(2)奥出雲町に対し、次のとおり要請した。

 ・コイへい死時の通報と適切な処分の徹底

 ・住民に対し、履歴の不明なコイの入手や譲渡の自粛の徹底

(3)検査結果について、関係機関に通知すると共に、斐伊川水系や周辺の個人池でのコイへい死状況の監視とへい死魚の回収及び適切な処分について要請を行った。

(参考)斐伊川水系(布部ダム、山佐ダム、千本ダム及び来島ダムから上流を除く。)については、すでに島根県内水面漁場管理委員会指示に基づきコイの持ち出しが禁止されています。


お問い合わせ先

水産課

 ≪お問い合わせ先≫
 島根県農林水産部水産課
 住 所:〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
 電 話:0852-22-5312
 FAX:0852-22-5929
 Eメール:tobiuo@pref.shimane.lg.jp