• 背景色 
  • 文字サイズ 

7月のおすすめ料テナガエビ

テナガエビ(オス・メス)

(写真上:テナガエビ♂・写真下:テナガエビ♀)

 

 テナガエビは、名前のとおり手の長〜いエビです。写真のように、雄の腕は特に長くなります。このエビは夜に活発に行動する夜行性で、宍道湖では沿岸のテトラポッドやヨシ帯などに多く生息しています。小さなタモ網で採ることもできますし、釣りでも楽しむことができます。もちろん味も抜群です。テナガエビは採って楽しい、食べて美味しい素敵なエビ。皆さんも夕涼みがてらテナガエビ採りに出かけてみてはいかがでしょうか?

 

今回は、お手軽に作れる「から揚げ」と「串焼き」を紹介します。

 

1.テナガエビのから揚げ

 

テナガエビのから揚げ

 

<作り方>

1.採ってきたテナガエビをボールに入れ、お酒をかけてシメます。

 ※このときエビが暴れるのでお酒を入れたらすぐに蓋をしましょう。

2.エビが静かになったら、水気をきってから素揚げします。

3.火が通ったら油から取り上げ、塩を適量まぶしたら完成。

 

2.テナガエビの串焼き

 

テナガエビの串焼き

 

<作り方>

1.から揚げの時と同じく、お酒でエビをシメます。

2.エビの背中に串を通して、グリルで焼きます。

3.エビの表面に軽く焦げ目がつく程度まで火を通せば完成。塩をつけながら食べると美味しいです。

 

 


お問い合わせ先

松江水産事務所