• 背景色 
  • 文字サイズ 

8月のおすすめ料サザエ

サザエです

 サザエは、磯根資源を代表する巻き貝で、島根県では、禁漁期(5月、6月)を除いて周年漁獲され、7月から9月までの夏場に盛漁期を迎えます。

 「素潜り漁」、「かなぎ漁(船上から箱眼鏡で海底を覗き、やすで捕る漁法)」、「刺し網漁」で漁獲され、島根県でのサザエの漁獲量は全国第5位で、一大産地となっています。(出典:農林水産平成25年漁業・養殖業生産統計)

 サザエの料理は、刺身や壺焼きが一般的ですが、今回は、夏野菜と合わせた料理を紹介します。

 

 

 

 

1.サザエと夏野菜のサラダ

 

【材料】(4人分)

サザエとなつやさいのサラダになります

サザエ4個、キュウリ1本、トマト1個、トウモロコシ1/2本、市販のドレッシング(和風醤油味)大さじ4杯、食塩小さじ1杯

 

【作り方】

(1)殻ごと水洗いしたサザエを、鍋に500ccの水と小さじ1杯の食塩と一緒にいれ、沸騰させてから約10分茹でた後、火を止めてしばらく粗熱を取る。

(2)ざるにあげ、サザエを振って身を取り出す。

(3)サザエのはかま(身を囲んでいる薄いヒラヒラした部分)と口(身の中にある白く固い部分)を取り外した後、身と肝を1cm角に刻み、冷蔵庫で約1時間冷やす。

(4)キュウリとトマトは1cm角に刻み、トウモロコシは塩茹でした後、粒をばらし、冷蔵庫で約1時間冷やす。

(5)(3)のサザエと水気を切った(4)の野菜をドレッシングであえる。

 

2.サザエの味噌炒め

 

【材料】(4人分)

サザエのみそいためですサザエ4個、ナス1本、ピーマン2個、ショウガ(千切り)大さじ1杯、ニンニク(みじん切り)小さじ1杯、

味噌だれ(味噌大さじ1杯、砂糖大さじ2杯、醤油大さじ1杯、酒大さじ1杯)、ごま大さじ2杯、サザエの茹で汁50cc

 

【作り方】

(1)殻ごと水洗いしたサザエを、鍋に500ccの水と小さじ1杯の食塩と一緒にいれ、沸騰させてから約10分茹でた後、火を止めてしばらく粗熱を取る。

(2)ざるにあげ、サザエを振って身を取り出す。

(3)サザエのはかま(身を囲んでいる薄いヒラヒラした部分)と口(身の中にある白く固い部分)を取り外した後、身と肝を1cm角に刻む。

(4)ナスは厚さ5mmの半月切りに、ピーマンは幅5mmの千切りにする。

(5)フライパンに大さじ1杯のごま油を引き、ショウガ、ニンニク、ナス、ピーマン、(3)のサザエを炒めた後、50ccのサザエの茹で汁を加えて煮詰める。

(6)野菜に火が通ったら、味噌だれを加えて炒め、仕上げに大さじ1杯のごま油を加える。

 


お問い合わせ先

松江水産事務所