• 背景色 
  • 文字サイズ 

12月のおすすめ料サルボウガイ

中海サルボウガイ

 

サルボウガイは、島根県では「赤貝」とも呼ばれ、正月のおせち料理には欠かせない食材となっています。かつては中海で多く漁獲されていましたが、その後ほぼ漁獲されなくなったため、現在では県外産サルボウガイが流通しています。そこで、中海では資源復活のため、漁業者による飼育試験が行われています。(中海産かご吊り赤貝』の試食・販売会が開催されました!」記事参照)。

今回は、中海周辺で昔から食べられていたサルボウガイのレシピについて、ご紹介します。

 

1.サルボウの炊き込みご飯

サルボウの炊き込みご飯

<材料>

  • サルボウ(殻付き)1kg
  • 米5合
  • 薄口醤油大さじ3
  • 酒大さじ3
  • みりん少々
  • 砂糖大さじ1
  • ごぼう(ささがき)少々
  • 人参(ささがき)少々
  • 油揚げ(薄切り)少々
  • ダシ昆布

<作り方>

1.サルボウを湯がいて、ダシをとる。

2.サルボウを剥き身にする。

3.炊飯器に磨いだ米、1のダシ汁、2の剥き身、食材、調味料を入れる。(ダシ汁等を加えた水量は、通常の炊飯時と同量)

4.炊飯器で炊いたら完成。

2.サルボウの煮付け

サルボウの煮つけ

<材料>

  • サルボウ
  • 濃口醤油適量
  • 酒適量
  • 砂糖少々

<作り方>

1.醤油と酒(2対1程度)に砂糖を加えて、加熱する。

2.沸騰したらサルボウを入れる。

3.貝が口を開けたら完成。(煮過ぎると身が固くなるので注意)

3.サルボウの味噌汁

サルボウの味噌汁

<材料>

  • サルボウ
  • 味噌適量
  • 青ねぎ少々

<作り方>

1.サルボウを軽く湯がいてアク抜きする。(湯で過ぎると旨味が抜けるので注意)

2.沸騰したお湯に、1のサルボウを投入。

3.味噌を加えて味を整え、刻んだ青ねぎを入れたら完成。


お問い合わせ先

松江水産事務所