• 背景色 
  • 文字サイズ 

11カレイ

小底で漁獲されたムシガレイの写真今月はカレイを紹介します。

松江のスーパーでよく見かけるのは、

 

  • ソウハチ(エテガレイ)、
  • ムシガレイ(ミズガレイ)、
  • アカガレイ、
  • ヒレグロ(ベランス)です。

 

早々春の産卵に向けてエネルギーを充実させる時期です。

どれもGOOD。お値段も手頃。

 

是非、ご賞味あれぇ〜〜!

 

 

 

おすすめレシピ

干しガレイ〜“なまぎり・なまぼし”が旨い

干しガレイの写真

 

要は(冷凍していない)鮮魚を干し、

(冷凍保存せずに)焼いて食べちゃうことです。

これがいけます。

 

  1. ウロコを取る。
  2. 頭の付根から背骨を断ち切り、頭と胴体を持ち、引きちぎると内臓も一緒に取れる(腹側に鋭いとげが出てくるので注意、気になれば切る)。
  3. 水洗い後、(冷蔵庫で)5%の塩水に2〜3時間漬ける(塩焼き程度の塩を振り、それを干しても可)。
  4. 一晩干す。干しが足らなければ適宜干す。血水が垂れるので下に新聞紙を敷きましょう。

 

※頭付きのほうが大きく豪勢に見えますが、内臓を出すのが大変です。

※干すときに水気を拭き取ると乾きも早く、血水の垂れる量が抑えられます。

※長期保存は冷凍のこと。

 

 

定番カレイの唐揚げ

カレイの唐揚げの写真

 

簡単にできて、ヒレがパリッとして旨いですよね。

 

上記1.2.の後、塩・胡椒、小麦粉をまぶして揚げています。

飾り包丁(省略可)を入れると身離れが良くなりますね。


お問い合わせ先

松江水産事務所