• 背景色 
  • 文字サイズ 

5月のおすすめ料理(イワガキ)

 イワガキイワガキポスター

 イワガキは島根県が全国に先駆け養殖に成功したカキの仲間です。広島などで有名なマガキは冬が旬ですが、イワガキは春ー夏が旬です。4月頃から身太りも良くなり、濃厚な旨味が味わえます。松江市内では平成10年から養殖が開始され、平成24年より「松江いわがき」として出荷が始まっています。シーズン中は各種イベントで露店販売が行われますので、この機会に松江のイワガキをぜひご堪能ください♪

【イワガキの開け方】

開ける際はケガに十分注意してください!

イワガキの開け方

道具

・軍手(または厚手のタオル)

・カキむきナイフ(洋食食器のナイフでもOK)

・カナヅチまたはペンチ

方法

1.平らな面(色が黒っぽい)を上にして、幅の広いほうを手前にして持つ。

2.貝殻のすき間(図の赤丸の位置)からナイフを入れやすいように、カナヅチやペンチで殻の端を欠く。

3.上殻に沿ってナイフを差し込み、図の黄丸の部分にある貝柱を切り離し、上殻を開く。

4.汚れをきれいに洗い流して完了。

【お造り】

生食用が手に入ったら、贅沢につるっといただきましょう♪付け合せのタレをいくつかご紹介します。

お造り


・THE王道...ポン酢・大根おろし・ネギ

・シンプルに...レモン汁・塩

・中華風...醤油・おろししょうが・ごま油

・洋風...塩コショウ・オリーブオイル・酢

【アヒージョ】

イワガキの旨味をたっぷりいただけます。旨味が凝縮されたオイルにトーストしたバケットがよく合います。余ったオイルでペペロンチーノなど作ってみてはいかがでしょうか。

アヒージョ

材料(1人分)

・イワガキ2個(約100g)

・塩ひとつまみ

・片栗粉小さじ2

・オリーブオイル100cc

・ニンニク1欠片

・鷹の爪2本

・キノコ類適量

・ドライトマト適量

・塩コショウ少々

・パセリ少々

作り方

1.(下処理)イワガキに塩・片栗粉をふりかけ、30秒優しく揉んで汚れを落とし、薄い塩水で洗い流す。

2.小鍋にオリーブオイル、みじん切りにしたニンニク、輪切りにした鷹の爪を入れて香りが出るまで温める。

3.イワガキと残りの具材を入れて弱火で3分から5分程度煮る。

4.塩コショウで味付けし、パセリを散らして出来上がり。


お問い合わせ先

松江水産事務所