• 背景色 
  • 文字サイズ 

6イサキ

イサキの写真

 イサキは幼魚のうちは魚体に縦縞があり、30cmほどに成長すると、左の写真のように縞が消えます。出雲地区では釣りや定置網で水揚げされ、産卵期にあたる6〜7月は梅雨イサキとも言い、脂がのって美味しい季節となります。

 刺身や煮付け、塩焼きが定番の調理方法ですが、今回は、甘酢炒めとカルパッチョを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめレシピ

イサキの甘酢炒め

 

イサキの甘酢炒めの写真

≪材料≫
  • イサキ・・・・・・・・1尾
  • 塩コショウ・・・・・少々
  • 片栗粉・・・・・・・適量

 

  • パプリカ・・・・・・・1/2個
  • タマネギ・・・・・・・中1個
  • さやえんどう・・・・適量

 (甘酢ダレ)

  • 砂糖・・・大さじ3
  • 醤油・・・大さじ1
  • 酢・・・・・大さじ4
  • 塩・・・・・小さじ1/3

 

≪調理方法≫
  1. イサキを三枚におろし小骨をとり、一口大に切り塩コショウをし、片栗粉をつけてカラッと揚げておく。
  2. パプリカは一口大、玉ねぎは櫛形に切り、さやえんどうはすじを取り下ゆでする。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、野菜を炒める。
  4. 野菜に火が通ったら、揚げたイサキと甘酢ダレを入れて絡める。
  5. 最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成。

 

 

イサキのカルパッチョ

 

イサキのカルパッチョの写真

≪材料≫
  • イサキ・・・・・・・・・・1尾
  • レモン汁・・・・・・・・大さじ1
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • 塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/3
  • コショウ・・・・・・・・少々
  • パセリ・・・・・・・・・少々
  • パプリカ・・・・・・・少々

 

≪調理方法≫
  1. イサキを三枚におろし、小骨をとり、皮をとり、薄くそぎ切りにし、皿に盛り付ける。
  2. 混ぜ合わせたタレをかけ、野菜を盛り付けて完成。

 

 ☆イサキの刺身があれば、盛り付けてタレをかけるだけ♪

 

 

 


お問い合わせ先

松江水産事務所