• 背景色 
  • 文字サイズ 

大社漁港海岸の整備

整備の目的

 大社漁港海岸は稲佐の浜や弁天島を有しており、地元住民だけでなく県内外の多くの海浜利用者で賑わっています。

 しかしながら、風の強いときには海浜の砂が近隣の住宅に飛ぶ、飛砂の問題が生じています。

 大社漁港海岸農山漁村地域整備交付金(海岸環境)事業では、海水浴や観光等の海浜利用の一層の促進を図るための護岸をつくり、また近隣住宅への飛砂を軽減する松林などの植栽を整備します。

位置図

 

計画づくり

 大社漁港海岸の整備計画は、5回にわたる地元の代表者と行政関係者による検討会(ワークショップ)で策定し、平成26年6月30日に行った説明会において地元の皆様に了承されました。

 今後は、この整備計画に沿って事業を進めていきます。

完成予想図検討会の様子

 完成予想図(PDF247KB)と検討会(ワークショップ)の様子

整備状況

整備状況

整備前(H26年5月)

整備前の状況

整備前の大社漁港海岸です。

既存のきづき海浜公園から北を向いて撮影しています。

(約600m先に弁天島が見えます。)

護岸整備状況(H27年3月)

護岸整備状況平成27年3月

整備位置平成27年3月護岸ブロック約120mの据付ができました。

護岸整備状況(H27年9月)

護岸整備状況平成27年9月

整備位置平成27年9月

護岸ブロック約60mの据付ができました。

かわら版

かわら版を発行しました。以下からダウンロードできます。

かわら版1号(平成28年3月)


お問い合わせ先

松江水産事務所