• 背景色 
  • 文字サイズ 

大社漁港(第3種漁港)

(所在地)出雲市大社町

大社漁港航空写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

概要

大社漁港は、島根半島西端部の古事記の国引きの綱の跡と言われている稲佐の浜に面した大社湾の奥に位置し、大国主命を奉り縁結びの神として全国的に有名な出雲大社の西側にある漁港である。

本港は、島根半島のリアス式地形と石見地方の砂浜地形の境界部にあるが、沿岸漂砂の影響を受け土砂の堆積の多い港である。また、湾奥にあり半島に遮へいされることで、北〜東〜南方向の風浪に対して影響を受けない地形であり、避難港としての利用が期待される。

当地区の漁業は、県内屈指の好漁場である艫島周辺での一本釣り漁業や小型底びき網漁業、定置網漁業が主な漁業種類である。

漁港整備は、昭和の初期から開始され、継続的な整備が実施されている。


お問い合わせ先

松江水産事務所