• 背景色 
  • 文字サイズ 

瀬崎漁港(第2種漁港)

(所在地)松江市島根町

瀬崎漁港航空写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

概要

瀬崎漁港は、島根半島、松江市島根町の中東部に位置し、対岸の築島挟まれた水道に、ほぼ南東方向に開口した漁港である。

当地区は、島根半島屈指の好漁場である多古鼻漁場を沖合に有する恵まれた漁場環境にあり、一本釣りやイカ釣りの沿岸漁業を主体に営まれ、築島背後の静穏域を利用した海面養殖も盛んである。

なかでも、ワカメ養殖は古い歴史をもち重要な養殖漁業種であるが、近年はイワガキ養殖も営まれ始めている。

漁港の整備は、昭和44年度から始まり、継続して実施され、近年は、防波堤の新設や護岸の嵩上げ等の外郭施設の充実を図っている。


お問い合わせ先

松江水産事務所