• 背景色 
  • 文字サイズ 

恵曇地域(恵曇・古浦地区)津波避難訓練を実施しました

 この程、10月18日(日)に松江市鹿島町恵曇地域において、恵曇地区・古浦地区の住民、漁業関係者ら約500人を対象とした津波避難訓練を実施しました。

 訓練は午前8時から松江市のサイレン広報により始まり、各地区の自主防災隊・消防団、警察署の誘導のもと、事前に設定した5箇所の避難所に5分から20分かけて避難し、訓練は終了しました。

 また、訓練終了後、恵曇集会所において、訓練に参加した住民、行政関係者ら約50人により意見交換会を開催しました。この意見交換会では、「避難広報が聞き取りにくかった」、「訓練に参加し防災意識が向上した」、「今後も訓練の継続が大切」など、多数の意見が出されました。

 今後、意見交換会での意見、アンケート結果などを分析、整理し、恵曇地域の防災力向上や、昨年度に策定した「恵曇地区減災計画」の改善につながるよう取り組んで行きます。

 

 

【訓練の実施状況】

避難状況

 

 

 

 

 

 

 

 避難場所への避難

要援護者

 

 

 

 

 

 

 

 要援護者の救助

避難所

 避難場所への集合

避難者確認

 

 

 

 

 

 

 

 避難者の確認

炊き出し訓練

 炊き出し

意見交換会

 避難訓練後の意見交換会


お問い合わせ先

松江水産事務所