• 背景色 
  • 文字サイズ 

恵曇漁港(第3種漁港)

(所在地)松江市鹿島町

恵曇漁港航空写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恵曇漁港本港】

 

分港

手結(たい)航空写真

恵曇漁港手結】

片句航空写真

恵曇漁港片句】

 

概要

恵曇漁港は、松江市西部にある鹿島町に位置し、佐陀川の河口に開けた漁港で、東側に手結地区と片句地区の分港を擁している。

手結地区は、本港の北東約1.8kmに位置し、寺島、犬堀鼻に囲まれ、前方に大島、割石島を支配する湾奥部に開けた港である。

片句地区は、本港の北東約2.0kmに位置し、西を高城鼻、東を宮崎鼻に囲まれた小規模な泊地を形成する漁港である。

開港の歴史は古く、天明年間に松江藩が宍道湖と日本海を結ぶ佐陀川運河を開削して、藩都松江への海上輸送路を開き、盛んに船舶が往来するようになったことにより、港の価値を一層高めた。

当地区の漁業は、沖合底引き網を中心とし、定置網やいか釣り漁業、採貝藻漁業と多岐にわたって営まれており、県西部の特定第3種浜田漁港に次ぐ重要な漁港である。

漁港整備の歴史は古いが、本格的な整備は昭和26年から開始され、継続的に事業が行われ、近年では防波堤の新設・改良が実施されている。


お問い合わせ先

松江水産事務所