• 背景色 
  • 文字サイズ 

現地調査と残留農薬分析

 平成16年度から、エコロジー農産物に対する消費者の信頼をさらに深めるために、現地調査及び残留農薬分析を実施しています。

 平成27年度の現地調査は、第3者機関である「特定非営利活動法人島根有機農業協会」に委託して実施します。残留農薬分析は、エコロジー農産物の出荷前に採取した農産物を、分析機関で約100成分の農薬の残留を調査します。

 なお、残留農薬分析は抽出調査とし、調査結果についてはこのホームページにおいて公表していきます。

現地調査

第3者機関である「特定非営利活動法人島根有機農業協会」の職員が行っています。エコロジー農産物の推奨申請が年々増加し、毎年すべての調査は出来ないため、200件の抽出調査としています。

1栽培ほ場及び立て看板等のチェック
2栽培管理記録と使用資材のチェック
3完了報告書の記載事項
4その他、栽培管理記録等書類との矛盾点等はないか現地調査の結果、問題があった場合は県からそれらの改善について指導を行います。

 

残留農薬分析

 現地調査を実施する調査対象者の生産するエコロジー農産物の中から、20件を抽出し、残留農薬分析を実施します。

 現地調査の際に試料(農産物)を協会職員が採取し、分析機関で分析します。なお、採取する農産物は生産者の無償提供をお願いしています。

 分析は、食品衛生法により定められている残留基準値のある農薬を中心に、約100成分の残留値を「ガスクロマトグラフ質量分析計」による一斉分析により検査しています。
残留農薬分析を行った場合は、速やかに分析結果を生産者に通知します。残留基準値以内の場合、そのまま出荷していただきますが、残留基準値を超える残留農薬が検出された場合は、通常の農産物同様、出荷を自粛していただくことになります。

 なお、これらの検査結果は分析年度の期間中、ホームページで公表し、エコロジー農産物の信頼度をさらに高めていくこととしています。

残留農薬分析結果はこちら

 

 平成28年度

 

 平成29年度(準備中)

 

 

 

お問い合わせ先

農産園芸課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5131
FAX:0852-22-6036
nosan-engei@pref.shimane.lg.jp