• 背景色 
  • 文字サイズ 

エコファーマーとは

 

 「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」(持続農業法)に基づき、環境と調和のとれた農業を実践する、島根県知事が認定した「認定農業者」の愛称です。

 

 次の3つの分野に環境保全型農業への技術を導入する5年間の計画を立て、知事の認定を受ける必要があります。

 

技術その1「土づくり技術」

 

 たい肥その他の有機質資材の施用に関する技術であって、土壌の性質を改善する効果が高いもの

(1)たい肥等有機質資材施用技(2)緑肥作物利用技術

 

※たい肥の利用については、『島根県たい肥利用マップ』をご活用ください。

 

技術その2「化学肥料低減技術」

 

 肥料の施用に関する技術であって、化学的に合成された肥料の施用を減少させる効果が高いもの

(1)局所施肥技術(2)肥効調節型肥料施用技術(3)有機質肥料施用技術

 

技術その3「化学農薬低減技術」

 

 有害動植物の防除に関する技術であって、化学的に合成された農薬の施用を減少させる効果が高いもの

(1)温湯種子消毒技術(2)機械除草技術(3)除草用動物利用技術(4)生物農薬利用技術

(5)対抗植物利用技術(6)抵抗性品種栽培・台木利用技術(7)天然物質由来農薬利用技術

(8)土壌還元消毒技術(9)熱利用土壌消毒技術(10)光利用技術(11)被覆栽培技術

(12)フェロモン剤利用技術(13)マルチ栽培技術

 

エコファーマーへの支援

認定要領・様式等

 

【要領等】

(1)島根県持続農業導入指針(平成28年6月最終変更)(PDF:661KB)

 

(2)慣行レベル一覧(平成28年6月最終変更)(PDF:54KB)

 

(3)島根県持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画認定要領(平成28年4月1日施行)(PDF:204KB)

 

【申請様式】

(1)新規申請様式(excel:90KB)※新規申請様式(記入例)(PDF:340KB)

 

(2)変更申請様式(excel:91KB)※変更申請様式(記入例)(PDF:340KB)

 

(3)再認定申請様式(excel:90KB)※再認定申請様式(記入例)(PDF:340KB)

 

(4)取り下げ請求様式(excel:15KB)※取り下げ請求様式(記入例)(PDF:136KB)

 

(5)実施状況報告書様式(excel:13KB)※実施状況報告様式(記入例)(PDF:144KB)

 

エコファーマーマーク

全国エコファーマーネットワーク

 エコファーマーが環境負荷の低減に加え、地球温暖化、生物多様性の喪失、肥料価格の高騰など地球規模での新たな課題への対応など環境保全機能の向上に資する取組を行っていくには、全国各地で先駆的取組を行ってきたエコファーマーたちが連携し、先進的な技術や経験の交流を通じて相互の研鑽を図り、技術力・経営力の向上を図るとともに、消費者や流通関係者への情報発信の強化を通じて、エコファーマーにより生産された農産物の取引が環境保全に繋がることを理解してもらい協力してもらうことが不可欠です。
そこで、平成22年9月1日に全国エコファーマーネットワークが設立されました。

 

全国エコファーマーネットワークのHP(外部サイト)

 


お問い合わせ先

農産園芸課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5131
FAX:0852-22-6036
nosan-engei@pref.shimane.lg.jp