• 背景色 
  • 文字サイズ 

蜜蜂(みつばち)を飼育される方に

「蜜蜂飼育届」の提出について

  • ミツバチを飼育する方は、毎年、1月中に「蜜蜂飼育届」をお住まいの市町村に提出してください。

※花粉交配用のみに期間限定でミツバチを飼育される方は届出は不要です。

 

「蜜蜂飼育届」の様式はこちら

 

  • 飼育届に変更があった場合は、変更日から1ヶ月以内に「蜜蜂飼育変更届」をお住まいの市町村に提出してください。

 

「蜜蜂飼育変更届」の様式はこちら

 

  • ミツバチを農薬から守るために

 下記の同意書を提出頂いた方については、農薬使用者、市町村、農業協同組合へ、その飼育情報が

 伝えられ、農薬散布が行われる際には、事前にその情報を農薬散布者から蜜蜂飼育者に連絡します。

 「蜜蜂飼育届」と併せてお住まいの市町村に提出願います(提出は任意です)。

 

 蜜蜂飼育情報提供同意書の様式はこちら

 

蜜蜂(みつばち)を飼育される方へのお願い

  • 飼育にあたっての注意点

 ミツバチの適切な管理をお願いします。社会的なマナーを守って、トラブル防止に努めてください。

 【トラブル例】

 ・ミツバチを狙って、クマが出没する。巣箱を撤去して欲しい。

 ・ミツバチが近くに飛んできて怖い、不愉快。

 ・分蜂(巣分かれ)したミツバチや、逃げたミツバチがいて怖い、不愉快。

 ・洗濯物や車がミツバチの糞で汚された。

 ・ミツバチを飼っている人(場所)とのトラブル。

トラブル防止のために

 1,飼育を始めるための必要な知識・情報収集に努めてください。

 2,隣家や道路の近くに巣箱を置かないでください。

 3,他人の土地に無断で巣箱を置かないでください。

 4,蜜源植物の保護や増殖に努めてください。

 

  • 伝染病と衛生対策

 ミツバチには、家畜伝染病予防法で定められた疾病があります。

 1,家畜伝染病:腐蛆(ふそ)病

 2,届出伝染病:チョーク病、バロア病、アカリンダニ症、ノゼマ病

 ミツバチが大量に死ぬなど伝染病が疑われる場合には、最寄りの家畜保健衛生所にご連絡ください。

 ※日頃から巣箱内を観察し、衛生的な飼養管理をし、病気の発生予防や発生時の迅速な対応をお願いします。

蜜蜂(みつばち)飼育に関する情報

 ◎養蜂マニュアルについて(みつばち協議会ホームページから)

 1,養蜂家向け!養蜂マニュアル(伝染病対策)(外部サイト)

 2,養蜂家向け!養蜂マニュアル2(養蜂暦)(外部サイト)

 3,施設園芸農家向け花粉交配用ミツバチの管理マニュアル(見本)(外部サイト)

 4,施設園芸農家向け花粉交配用ミツバチの管理マニュアル(作物別)(外部サイト)

 

 みつばち協議会ホームページ(外部サイト)(社団法人日本養蜂はちみつ協会)には養蜂マニュアルのほか、

 ミツバチの飼育に関する情報がありますので、参考にしてください。

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ先

畜産課

〒690-8501
島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5112   FAX:0852-22-6043