• 背景色 
  • 文字サイズ 

「邑智地域の農林業の概要」

県央事務所では、担当地域内の農林業を紹介するため、このたび「邑智地域の農林業の概要」を作成しました。

今回公開する内容は、邑智郡の農業及び大田市・邑智郡の林業です。大田市の農業についての内容は、第2版以降で追加する予定です。

表紙・目次・地域のあらまし

(1.2メガバイト)

地域プロジェクト

(約0.2メガバイト)

地域の農畜林産物

(2.4メガバイト)

データ編

(約0.4メガバイト)

一括ダウンロード

(約4メガバイト)

「邑智地域の農林業の概要」
地域のあらまし
圏域プロジェクト 生産物の紹介 データ編 一括ダウンロード

 

地域の特色(県央圏域)

地勢

県央圏域の位置島根県では、東西に細長い県土のほぼ中央に位置する大田市と邑智郡(川本町・美郷町・邑南町)を合わせて「県央地域」と呼んでいます。この地域は、東側は出雲市・飯南町、西側は江津市・浜田市と接しており、南は広島県と境を接しています。

川本町・邑南町・美郷町には、中国地方で最大の河川である江の川(ごうのかわ)が流れており、かつては船が盛んに行き来し、日本海と広島側を結ぶ「川の道」となっていました。

平成16年の市町村合併では、旧温泉津町と旧仁摩町が旧大田市と合併し、新しい大田市となりました。また、旧邑智町と旧大和村が合併して美郷町が、また旧羽須美村、旧瑞穂町及び旧石見町が合併して、島根県で最も広い町である邑南町が誕生しました。


圏域の総面積は12万4,465ヘクタール(1,244.65平方キロメートル)で県全体の18.6パーセントを占めています。一方、地域のほとんどが中山間から山間部に位置するため、総面積の83パーセントが森林で、農耕地の割合はわずか3.1パーセントです。

 

 

※ここに掲載した地図は、国土地理院の『数値地図50mメッシュ(標高)』を使用して作成しました。

気候

気象イメージ県央地域は日本海沿いから広島県境の山間地までを含むことから、気象条件も多様です。

海沿いの大田市では冬期の最低気温が氷点下になることはまれで、積雪も殆どありません。一方、標高の高い邑南町瑞穂地区では、厳冬期には日平均気温が0℃近くまで下がり、積雪も30cm以上となります。

降水量は、大田市で1月から3月及び7月から8月に少ない傾向がみられることから、農業用水の多くは複数のダム・溜め池に蓄えた水でまかなわれています。

 

 

 

交通

圏域内の交通まずJR山陰本線が海岸沿いに大田市を走り、さらにJR三江線が、江の川に沿って江津市、川本町、美郷町、邑南町を経て広島県三次市まで連絡しています。
国道は、9号線が海岸部東西に走り、261号線が江津市から川本町、邑南町を通って広島県北広島町へ、同じく375号線が大田市から美郷町を通って三次市へ繋がっています。

また、邑南町には中国横断自動車道広島・浜田線のインターチェンジが設置され、山陽はもちろん京阪神・九州地方との行き来が楽になっています。

 

 

 

 

 

 

農業

農業イメージ県央地域では、総人口の5.6パーセント(県平均は3.3パーセント)にあたる3,308名が、何らかの形で農業に従事しています。

しかしながら、ふだん主に農業に従事している人(基幹的農業従事者)のうち65歳以上が77.4パーセント(県平均75.8パーセント)を占めているなど農業の担い手の高齢化が進行しています。
一方、耕地面積は3,804ヘクタール(県全体の13.7パーセント)ですが、耕作放棄地の割合が28.2パーセント(県平均23.9パーセント)と高くなっています。
こうした中、農業生産法人や認定農業者をはじめ、集落が一体となった営農により、地勢や気候条件にあった特色のある農業が展開されており、農業産出額(平成17年)は106億7千万円(県全体の16.5%)となっています。
特に管内には大型の畜産の農業生産法人があり、農業産出額の50%を畜産が占め、ついで米が36%、園芸が14%となっています。
米は中山間地域においては良質米地帯として評価され、また、野菜については、転作田を活用して大田市ではキャベツ、邑智郡では白ねぎを統一振興作物として作付けを推進しています。

林業

林業イメージ管内の森林面積は10万3,726ヘクタールで、土地総面積の83パーセントを占めます。

管内の蓄積量は充実しており、スギ・マツについては、主伐期にある蓄積が78%を占めています。また、ヒノキ(標準伐期齢45年生)は35年から40年生のものが多くなっています。針葉樹は7齢から11齢級が多く、木材としての利用期を迎えています。樹種別にみると、ヒノキ面積が最も多く、スギとマツは同程度となっています。

広葉樹は過熟化しており、12齢級以上が約6割を占めています。

産出量は4万2,400立方メートル(平成24年)と増加してきており、その樹種別割合はスギ・ヒノキが5割を超え、主に市場や合板工場に出荷されています。一方、製材業者は14業者(平成26年)と、10年前に比べ半減しています。


お問い合わせ先

西部農林振興センター

島根県西部農林振興センター
 〒697-0041 浜田市片庭町254 FAX0855-29-5591
川本家畜保健衛生所
 〒696-8510 川本町大字川本265-3 FAX0855-72-9811
益田家畜保健衛生所
 〒698-0007 益田市昭和町13-1 FAX0856-31-9739  
県央事務所
 〒696-8510 川本町大字川本265-3 FAX0855-72-9504
県央事務所農業普及部大田支所
 〒694-0064 大田市大田町大田イ1-3 FAX0854-84-9712
益田事務所
 〒698-0007 益田市昭和町13-1 FAX0856-31-9608

電話は「組織、業務内容、電話番号」欄の各直通番号をご利用ください。