• 背景色 
  • 文字サイズ 

県央事務所林業部

県央事務所林業部の主な業務等について紹介します。

  • 森林・林業の概況
  • 森林資源の状況
  • 取り組み紹介
  • 業務紹介

 

森林・林業の概況

 森林は、木材生産のほか水源かん養や山地災害防止など、様々な公益的機能をもっています。近年は地球温暖化の原因となる温室効果ガスの吸収源としての森林への期待が高まっています。

 しかしながら、長引く木材価格の低迷による採算性の悪化から森林・林業・木材産業は厳しい状態にあり、森林所有者の伐採意欲が減退し、間伐など本来手入れを必要とする森林がそのまま放置され、その荒廃が懸念されています。

 これら多面的機能を高度に発揮させるための適切な森林整備と併せて、地域材の生産から消費までの流通・加工システム確立による木材産業の振興を「江の川下流流域林業活性化センター」(平成6年度設立、江の川下流の6市町及びこの地域で林業・木材加工業等を営む者が中心となって組織する団体)を中心に取り組んでいきます。

 

森林資源の状況

 管内の民有林面積は95,524ha(県全体の約19%)で、民有林の人工林面積は37,045ha(人工林率は39%)と半数を超えており、適時・適切な間伐の実施が課題となっています。

 また一方で、利用期を迎えた10齢級以上のスギ・ヒノキ林(人工林の38%)や松枯れで減少するマツ資源などを積極的に活用していくことが求められています。

 

取り組み紹介『重点項目』

○「新たな農林水産業・農山漁村活性化計画」第 3 期戦略プラン

 第 3 期(平成 28 年度から平成 31 年度)戦略プランにおいて、県央事務所林業部で以下の地域プロジェクトに取り組んでいます。

 

1.原木増産・再造林推進プロジェクト

 原木増産のための集材システムの改善と人材育成、伐採跡地の低コスト造林、苗木の増産を図ります。

 ※低コスト再造林対策苗木とは、生長に優れた精英樹並びに植栽効率の良いコンテナ苗

数値目標
成果指標

現況

(H26)

目標

(H31)

森林経営計画に基づく原木生産量 23,000m 3 35,000m 3
認定事業体等の原木生産量 37,000m 3 44,000m 3
低コスト再造林対策苗木の生産量 0 83,000

 

原木増産・再造林推進プロジェクト

 

2.地域材製品の品質向上と出荷拡大プロジェクト

 ニーズのある木材製品の高品質化・高付加価値化を進め、製品の増産、供給体制の強化により県内外への出荷拡大を図ります。

数値目標
成果指標

現況

H26

目標

(H31)

乾燥材出荷量(人工) 4,097m 3 4,900m 3
乾燥材出荷量(天然) 2,058m 3 2,500m 3
高次加工製品出荷量 2,150m 3 2,600m 3

 

地域材製品の品質向上と出荷拡大プロジェクト

 

3.おおち農林産物なりわい・うるおいづくりプロジェクト(鳥獣被害対策・菌床しいたけ)

 JAしまね島根おおち地区本部が推進する振興品目のうち菌床しいたけについて、生産・販売・流通体制の強化と充実を図ります。

 また、鳥獣被害対策支援について、地域の実情に応じた被害対策を検証し、地域が主体的に防除対策を実施する手法(地域ぐるみの鳥獣被害防止対策)を普及します。

 

おおち農林産物なりわい・うるおいプロジェクト

 

業務紹介

1.島根県森林環境保全造林事業の実施

 森林経営計画作成森林において、計画的に行う森林施業とこれと一体となった森林作業道の開設等に支援します。

 造林補助事業

 

2.合板・製材生産性強化対策事業の実施

 合板工場等への原木安定供給のため、間伐材の生産及び路網整備等に対して支援します。

 

3.原木生産促進事業、原木搬出作業道開設事業の実施

 利用期を迎えた森林の主伐を促進し、県産原木の生産を増加させるため、主伐による伐採後の搬送経費の助成及び作業道開設に対して支援します。

 原木生産促進事業、原木搬出作業道開設事業

 

4.伐採者と造林者の連携推進

 主伐の促進と伐採後の確実な更新、一貫作業等による再造林の低コスト化を図るため、伐採者と造林者が連携する取り組みを推進します。

 主伐・再造林について(森林整備課)

 

5.低コスト林業の普及

 コンテナ苗や低密度植栽、一貫作業等に関する技術等を普及し、低コスト林業を推進します。

 

6.水と緑の森づくり事業の実施

 地域住民が主体となって行う森林を利用、保全する取組や森林教育活動を支援します。

 水と緑の森づくり事業

 

7.再生の森事業の実施

 水を蓄えるなど森林の持つ様々な公益的機能を再生させるため、不要木の伐採(間伐)などを支援します。

 再生の森事業(林業課)

 

8.新農林水産振興がんばる地域応援事業の実施

 「新たな農林水産業・農山漁村活性化計画」第3期戦略プランの策定に伴い、その実現のための取組を支援します。

 新農林水産振興がんばる地域応援総合事業(農産園芸課)

 

9.菌床しいたけ生産・販売体制の強化

 実需者とのつながりを基本とした販売をもとに、菌床しいたけ生産の拡大・充実を図る取り組みを推進します。

 特用林産物について(林業課)

 

10.木材産業の体制強化

 製材所等に対して、製材・加工・流通体制の強化を図る取り組みを推進します。

 

11.木材利用の普及・拡大

 流域材の県外等への販路拡大や、新規需要開拓を図ります。

 

12.地域の木質バイオマス利用の促進

 未利用資源を中心とした木質バイオマス利用の円滑な推進に資する取り組みを実施します。

 

13.野生鳥獣の保護・管理

 野生鳥獣の保護を行うとともに、野生鳥獣による農林作物などの被害対策の指導等を行います。

 鳥獣被害に関すること(鳥獣対策室)

 鳥獣保護に関すること(鳥獣対策室)

 

14.狩猟の適正化

 狩猟免許制度の事務を行うとともに、その適切な運用を図ります。

 狩猟に関すること(鳥獣対策室)

 

 


お問い合わせ先

西部農林振興センター

島根県西部農林振興センター
 〒697-0041 浜田市片庭町254 FAX0855-29-5591
川本家畜保健衛生所
 〒696-8510 川本町大字川本265-3 FAX0855-72-9811
益田家畜保健衛生所
 〒698-0007 益田市昭和町13-1 FAX0856-31-9739  
県央事務所
 〒696-8510 川本町大字川本265-3 FAX0855-72-9504
県央事務所農業普及部大田支所
 〒694-0064 大田市大田町大田イ1-3 FAX0854-84-9712
益田事務所
 〒698-0007 益田市昭和町13-1 FAX0856-31-9608

電話は「組織、業務内容、電話番号」欄の各直通番号をご利用ください。