• 背景色 
  • 文字サイズ 

文教厚生委員長報告

文教厚生委員長報平成30年6月定例会(6月12日)

 

文教厚生委員長報告をいたします。

 

本日、文教厚生委員会に付託されました議案の審査結果について報告いたします。

 

 本委員会に付託されました議案は、第74号議案「旅館業法施行条例の一部を改正する条例」など条例案2件であります。

 

 これらの議案は、旅館業法の一部を改正する法律の施行に伴う旅館業法施行条例の一部改正、及び住宅宿泊事業法の施行に伴い、住宅宿泊事業の適正な実施を確保するための条例の制定を行うものであります。

 

 執行部に説明を求め、慎重に審査いたしました結果、いずれの議案も賛成多数により、原案どおり可決すべきとの審査結果でありました。

 

 全会一致とならなかった第74号議案「旅館業法施行条例の一部を改正する条例」について、委員からは構造設備基準や衛生措置基準の緩和は、宿泊者の安全が保たれずサービスの低下につながることから反対であるとの意見がありました。

 次に、第75号議案「島根県住宅宿泊事業の適正な実施の確保に関する条例」についてであります。委員から住宅宿泊事業の問題は宿泊事業を行う住宅の所有者や管理責任者の所在が不明であることや管理者が常駐しないことにあり、緊急時には管理者が30分以内に宿泊施設へ赴くのではなく常駐させるなどの実効性のある措置を講ずるべきではないかとの意見がありました。これに対し執行部からは家主が常駐しない届出住宅には管理業者の名称や緊急連絡先が記載された標識を掲示することや、管理者が昼夜を問わず苦情対応を行うことが義務付けられており、県としても法令が守られるよう具体的な対応を県要領に定めてしっかり監督指導を行っていくとの説明がありました。

 また、学校等の区域内や月曜日から金曜日までの期間等においてのみ住宅宿泊事業の実施を制限するだけでは不十分であるとの反対意見がありました。

 

 議論を経て、最終的には挙手による採決を行ったところ、いずれの議案も賛成多数により、原案どおり可決すべきとの審査結果でありました。

 

 以上、文教厚生委員会における審査の概要を申し述べ、委員長報告といたします。

 



お問い合わせ先

島根県議会

住所 〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL 0852-22-5356
FAX 0852-22-5273
メール  kengikai@pref.shimane.lg.jp